ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スペリオル2022NEWモデル】サーフやゴロタ場、磯からの遠投攻めに対応の新機種「84M-T マニューバー」が登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

エバーグリーンのアジメバ用ロッドシリーズ、ソルセンこと「ソルティセンセーション」の上位シリーズとして、人気を集めているのが「ソルティセンセーション・スペリオル」。
デビュー以来、年々ラインナップが豊富になっていってます。

 

さて、そんな「ソルティセンセーション・スペリオル」シリーズに2022年、注目のNEWモデルが登場予定!
それは…。

 

ソルティセンセーション・スペリオル
SPRS-84M-T マニューバー【エバーグリーン】

2022年5月発売予定

新たに登場する「SPRS-84M-T マニューバー」は、サーフやゴロタ、磯など遠投性やラインメンディング性の高さが求められるシチュエーションで活躍てくれる8ft4inのロングロッド。
ジグ単から重量系フロートリグまで扱える汎用性の高いライトゲームロッドです!

軽量でありながら粘り強く、ショートバイトやボトムの質感を鮮明に伝えてくれる反響感度に優れたフルチューブラー構造が採用され、ティップには適度な繊細さを残しながらクセのない先径1.1mmのレギュラーファストアクション設計に。ガイドやグリップセッティングも絶妙なバランスに設定され、幅広いメソッドに対応できる万能性を秘めた機種になっています。

エバーグリーン公式「SPRS-84M-T マニューバー」の詳細はコチラ

 

軽量・粘り強いブランクス

さて、そんな「SPRS-84M-T マニューバー」には色々コダワリが詰まっている訳ですが、まず注目していただきたいのがブランクス周り!

メイン素材に東レの高強度高弾性カーボン素材「トレカ®T1100G」と「トレカ®M40X」がダブルで採用されており、ティップからグリップエンドに掛けて、セクションの働きに応じたメイン素材が色々使い分けられています。

 

ティップ~センターには「トレカ®T1100G」33トンを、センター~バットには「トレカ®M40X」40トンを採用。高弾性特有の張りと軽さ、それでいて、曲げ込んだ際には高弾性らしからぬ粘り強さを発揮。さらに、超高弾性カーボン素材46トンも組み合わさっていることで、ロングレングスにありがちなダルさを徹底排除。加えて、バット~グリップエンドにはスーパーライトクワトロクロスで補強が施されているため、重量増を最小限に抑えつつ剛性が高められ、より強靭に。ブランクスの持つ感度を最大限活かすため、過度な飾り巻きを排除し、バットロゴ部以外すべて無塗装仕様に。

 

ガイドシステムへのコダワリ

使用ガイドも場所によって異なる物を使用!
ラインに角度が付きやすいトップガイドには、リング断面形状が緩やかなチタンフレームSiCリングガイドを採用。
ティップ~バットにはチタンフレームトルザイトリングガイドが使われ、同サイズのSiCリングガイドと比較してみると、リングの薄さと内径が広いためリング表面の滑りがより向上。飛距離を落とさず、従来より1クラスガイドサイズを落として軽量化を実現!
さらに、各ガイドスレッドの巻き量・コーティング量を極力抑え、トップガイドはあえてスレッドを巻かず、段差を取る処理のみとした、徹底的な超軽量・超高感度セッティングになっています。

 

スペック詳細
全長 継数 パワー ルアー範囲 ライン範囲 価格
2.54m  2 ミディアム  1~25g  PE0.3~0.8号 69,000円(税別)

 

といった感じで、新たな攻め方が可能になった新機種「SPRS-84M-T マニューバー」まもなく登場! 1本でジグ単からフロートまでこなせる万能ロッド、発売が楽しみですね。

エバーグリーンインターナショナル(EVERGREEN INTERNATIONAL)

昭和63年12月設立、大阪市西区を拠点とする総合ルアーメーカー。名竿コンバットスティックシリーズの各バスロッドブランドや実釣力の高い各種バスルアーを多数輩出。またエギングやジギング、ライトSWなどSWゲームの各魚種をターゲットにしたポセイドンシリーズのロッドやルアーも高い支持を集めている。