ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

池内修次がモンスターアオリイカを獲るために贈るロッド、いよいよ!

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん、こんにちは〜!

デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

さて、今週のイカ曜日は…。

渾身のロッドがいよいよ!

遂に発売!…ではなく予約が開始されました。その製品とは…。

そうです!

丁度一年前の春。

モンスターを狙いに鹿児島に行き、日中にホワイトモンスターの4050gのアオリイカを釣り上げました。

そんな私の、今までに培ってきたノウハウを最大限に詰め込んだロッド。

モンスターを釣るためにエギに生命感を与えアピールさせる、そして喰わせてからのモンスターとの駆け引きにおういてはアングラーにアドバンテージを与えるためのロッド。

XESTAの「アサルトジェットタイプS75MMH」です。

出典:ゼスタ公式アサルトジェットタイプS詳細ページ

私のこだわりはもちろん、ほか2名のゼスタスタッフが作り上げたロッドもラインナップされています。

皆さんが常に追い求めているモンスターアオリイカを釣るために私がこだわった事は、エギの性能をフルに引き出すためのロッドであること。

ただ硬いだけではエギに生命感を与える事はできません。そして、軟らか過ぎればエギが水中で動かず、これまたエギに生命感を与える事ができないのです。

そこでショートレングス化。これによりラインにアタリがあったら即フッキングができるメリットがあります。

飛距離に関しても、ティップ部分を少し軟らかくしてあるので、フルキャストが気持ちよく決まり潮の効き具合を明確に教えてくれます。

グリップ部分も、ブランクスタッチタイプにしてあるために、忠実に海の中の情報を釣り人に伝えてくれてます。

もちろん潮に負けないバットパワーを持っているので、エギをしっかりと動かす事ができ、モンスターへのアピールを最大限にしてくれること間違いなしです。

バットエンドにはカーボンモノコックグリップ。ロッド全体のアタリの共鳴をエンド部分にまで伝達してくれます。

ツーピースの接合部分は本来なら強度をもたすためにカーボン等で蓋をされていますが、この75MMHだけ筒抜け状態にしてあり、アタリの共鳴をそこでとどめず、グリップ部分のブランクスタッチの掌で感じてもらえるように設計しました。

この一本は、本当にこだわりにこだわり抜いた竿になっていて、手にした瞬間から育てるロッド。

1年、2年…と使っていくうちに実にシャープなロッドになるようにしてありますので、最初は少し硬いと感じてしまうかもしれませんが、徐々に自分色に変化していくさまをどうぞお楽しみくださいね。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

ゼスタ公式アサルトジェットタイプS詳細ページはこちら

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/