ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タイラバにも好相性! よく見える&最初の性能が長続きするPEライン「ROOTS」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

春のオフショアソルトウォーターで、楽しみな釣りのひとつがタイラバ。

巻くだけ簡単でマダイほかさまざまな魚が釣れる…から派生して、今や掛けにいくタイラバ、投げて広く誘うタイラバなど、その発展もめざましいものがあります。

もちろん、それに応じてロッドやリール、タイラバ&ユニットも進化しています。

そんなタイラバですが、そうはいっても基本は巻いては落とすの繰り返し。大部分はそうした動作になるわけです。

そんなシンプルな上げ下げが必要な「巻きの釣り」だからこそ、意外とPEラインを変えると感覚が変わることも多々。

初期性能が持続するROOTS PE

ROOTS PEは、マルチパーパスなPEラインですが、タイラバとの相性も非常によいのではないかと思っています。

まず、適度なしなやかさと水切れのよさ。水切れのよさについては、リトリーブ中の抵抗感の少なさですよね。これがROOTSは高水準だと思います。お値段もリーズナブルで、消耗品であるPEラインということを考えると…お値段以上の性能では?

出典:ゴーセン ROOTS PEには8本組のx8と4本組のx4があり、それぞれにマルチカラーとライトグリーンがある。ラインマーカーを見る釣りであればマルチカラーが当然選択肢となってくる

そして、先に消耗品とは述べたものの、ROOT PEのよさは、初期性能が長続きする点。

特に注目すべきは色落ちのしにくさ。ラインマーカーを見て、レンジを探ったり(例えば2色分誘ってみよ~、とか)、バイトしたレンジの把握など、再現性のある釣りをする上で「ちゃんと見える」「見え続ける」というのは重要な点。

色落ちのしにくさについては、しっかり正確に原糸が組まれているからこそできることであって、言い換えれば色落ちしにくいPEラインは、組みも信頼がおけるそうな。

加えて、自社工場を持つゴーセンらしく、その号数ごとのベストバランスを追求しています。タイラバで使うような細番手の組み方と、大型青物などを想定する太番手では、同じROOTSでも「セッティング」が違うそうです。

シンプルな釣りだからこそ、ちょっとラインを変えてみるだけで、新たな発見があるかもしれませんよ。

コダワリ系かつリーズナブルなROOTS、試してみてはいかがですか。

ゴーセン公式ROOTS特設サイトはこちら

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。