ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これは東京湾ボートシーバスの穴撃ちにメチャいいのでは?天龍・ベイブレイズ「BBZ642S-LML」が気になった

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

天龍のシーバスロッド「ベイブレイズ」を用いた実釣動画が公開されました。

実釣指南役はご存知、久保田剛之さん。

フィールドは東京湾。ベイブレイズの中で手にした機種は、ひとつがBBZ601B-XXX。マックス200gまでのルアーを扱える、ビッグペンシルベイトなどにも対応する機種。手にしていたルアーはメガドッグでした。

正直、これを買おうかなぁなんて楽しみに見ていたのですが、もうひとつ久保田さんが使用していた機種「BBZ642S-LML」が気になってしまった(笑)というお話。

ちなみに全機種のラインナップは以下の通り。

モデル タイプ レングス(m [ft]) アクション 仕舞寸法(cm) ルアーウエイト(g) ライン(lb) PE(号) 自重(g) 希望小売価格(税抜き)
BBZ642S-LML S 1.93[6’4″] R 161 MAX 25 MAX 14 MAX 1.2 109 ¥35,500
BBZ682S-ML S 2.03[6’8″] R 171 MAX 30 MAX 16 MAX 1.2 117 ¥36,500
BBZ702S-M S 2.14[7’0″] RF 180 MAX 40 MAX 20 MAX 1.5 134 ¥37,500
BBZ732S-MMH B 2.21[7’3″] RF 189 MAX 50 MAX 25 MAX 2.0 150 ¥38,500
BBZ682B-MLM B 2.03[6’8″] R 170 MAX 35 MAX 16 MAX 1.5 120 ¥37,500
BBZ682B-X B 2.03[6’8″] R 168 MAX 120 MAX 60 MAX 4.0 140 ¥40,000
BBZ601B-XXX B 1.83[6’0″] R 183 MAX 200 MAX 80 MAX 5.0 147 ¥40,500

曲がる、けれど強し

BBZ642S-LMLが気になってしまったのは、東京湾特有の高さが限られる穴へのキャストが決まっていた点。

ロッドのしなやかさを活かして、しなるティップから放たれる低弾道キャストが、ルアーを奥の方まで運んでいたから。

低く力強い弾道で入っていきました。

で、実際に久保田さんがシーバスを掛ける。ティップにかけてはシーバスの鋭角的な引きに追従しながらもバットが全然ブレないというか、しっかりそこで受け止めています。

追従するのに、主導権は握らせない。そんなイメージでした

機種名から見るに、もう少しマイルドなパワーなのかなと思いきや、無理なくグイグイ寄せてこられていたのが非常に印象的でした。

こんなにパワーもあるのか、というのが率直な感想。

C・N・T(カーボンナノチューブ)コンポジットの恩恵か「曲がるのに強い」という印象を強烈に受けました。

ルアーウエイトも10g程度のトップウォータープラグ、7~10cm程度のミノー、15g程度までのバイブレーションに対応するということで、特にプラグを使った東京湾の穴撃ちにはバッチリじゃないか!と改めて思わせてくれた次第。

まぁ、ああしてうまくキャストできるような気がするのは、久保田さんを見ているからなのかもしれませんが…(笑)。

とにもかくにも繊細にして強く、そして何より「これ使ったら楽しそう」と思わせる、そんなBBZ642S-LMLなのでした。

天龍公式ベイブレイズ詳細ページはこちら

ボートシーバスのビッグベイトゲームにオススメ!天龍のベイブレイズのビッグベイトモデルをピックアップ!

天龍の「ベイブレイズ」でサワラキャスティングに最高な2機種

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。