ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

デッカい魚、モバイルロッドで獲りたいなら「ナマゾンモバイリー」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

パワフルな魚を釣りたい、釣りに出掛けたい…。

それならコレ、「ナマゾンモバイリー」

 

個人的には、テイルウォークの「ナマゾン」って隠れ人気ロッドじゃないかと思っているのですが…。

名前の通り、まずは「ナマズ」ゲームを対象とはしています。けれど、実はナマズだけじゃない。

いわゆるパワフルな怪魚系、それも国内に限らず、そんな魚たちをもねじ伏せるパワーが魅力でして。

で、そんなナマゾンのモバイルロッドバージョンがナマゾンモバイリーになるわけです。

いつでもどこでも一緒に出掛けられるマルチピース。モバイルロッド好きが集うとウワサ?のテイルウォークらしいパワフルマルチピースなのです。

ちなみに、持ち運びに便利なセミハードも付いています。

モバイル化しても衰えぬパワー

まず特筆すべきは、モバイル化されても強靭なパワーが健在であること。

Xラッピングといういわゆるバイアス構造でトップセクションまで締め上げ、軸がブレない、強い。

バットセクションにかけてははパワーレンジをワンランクアップさせ、マルチピースの「継ぎ」部分の負荷を徹底研究し、局地的な負荷を分散しています。

そして、これは「曲げて獲る」ことを可能にしており、パワフルだけれどもスムーズな曲がりとバットパワーでモンスター魚たちを受け止める設計となっています。

大型リールも想定したリールシート

後述する通り、ベイト・スピニングともにラインナップされるナマゾンモバイリー。

リールシートはベイトモデルがTCS、スピニングモデルはDPS、大型リールの装着をも想定した仕様となっています。

強靭なガイド設定

また、ベイト・スピニングともにガイドはステンレスフレームSiCリング。

ベイトキャスティングモデルにおいてはオールダブルフット。強さに重きを置きつつ、軽快な振り抜き感を得られるようLKWシリーズを搭載しているのが特徴。

ちなみにリアグリップはラバーコーティング(ベイト・スピニングともに)。

これは、キャストするのが重量級ルアーであることが想定され、ダブルハンドでのキャストとなることを加味し、滑り止めの役割を果たします。

しっかり握って振り抜ける安心感というのは、この手の釣りでは不可欠。

 

 

全7機種

ベイトは4機種、スピニングは3機種の計7機種。

気になる「モバイリー具合」ですが、仕舞寸法は48~58cmと超コンパクト!

ベイトモデルのスペック

モデル レングス(ft.in) 継数 仕舞寸法(cm) ロッド自重(g) ルアーウエイト(oz) 適合ライン(lb) 本体価格(税抜き)
C584MH 5.8 4 48 150 3/16-1.5 10-20 21,000円
C674MH 6.7 4 55 170 3/16-2 10-25 22,000円
C684H 6.8 4 56 185 3/16-2.5 10-30 23,000円
C584XH 5.8 4 48 175 1/4-4 12-35 22,000円

ベイトモデル4機種だが、表記は「584MH」を例にすると5.8フィートの4本継ぎのMHという意味。

58MH、67MH、68H、58XHの4本マルチピースがあることが分かる。

超近距離をピンで撃ちながらゲームを展開するのに向くC584MH。

レングス、パワーからして超万能な優等生C674MH。

重量級ルアーをしっかりキャストしながら掛ければ主導権を握らせないC684H。

ヘビー級ルアーを繊細に操る繊細さと、圧倒的なパワーでターゲットを引きずりだすC584XH。

いずれにしても、ナマズのみならず大型ロックフィッシュやバス、海外の大物たちにキッチリ仕事をするラインナップ。

スピニングモデルのスペック

MODEL LENGTH(ft.in) PIECE CLOSED LENGTH(cm) ROD WEIGHT(g) LURE WEIGHT(oz) LINE WEIGHT(lb) RETAIL PRICE(JPY)
S684MH 6.8 4 56 160 3/16-1.5 10-20 22,000
S775MH 7.7 5 52 190 3/16-1.5 10-20 24,500
S704H 7 4 58 170 1/4-2 10-25 24,500

同様に68MH(4本継)、77MH(5本継)、70H(4本継)。

S684MHはナマゾンモバイリーのスピニングバーサタイルモデル。強さはナマゾンクラスがありながら、しなやかさを併せ持ち、バスならパワーフィネス系の釣りなんかにマッチしそう!

同じくMHながらロングレングスを活かして、遠距離攻略も得意とするのがS775MH。広いフィールドでのシーバスや、明らかに遠投先がポイントっぽい…といったロックフィッシュゲームなど、飛距離が必要な時、その先では繊細な操作も求められるシチュエーションにグッド。

スピニング唯一のHとなるS704H。こちらは当然バットパワーが強烈、しかしながら「曲げて獲る」のコンセプト通りH表記とは思えないしなやかさも持ち、実はさまざまなルアーへの適応もしやすい機種。

色々と使えて、正直お買い得

パワーはあるけれど実は繊細さもある点。これはもしかするとマルチピース化することで、ブランクスごとに適切な性能を持たせることができるからかもしれませんね。

それから価格帯。21,000~24,500円(税抜き)で、非常に広い使い方ができるだけに…オトク!

季節は春、いよいよ釣りに足を運びやすくなってきました! ナマゾンモバイリーとともに、どうですか?

テイルウォーク公式ナマゾンモバイリー詳細ページはこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。