ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サイコロヘッドFine】豆アジングにオススメのジグヘッドがクリアブルーから2022年4月20日頃登場!

寄稿:熊谷 昌文
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

熊谷 昌文( Masafumi Kumagai) プロフィール

大阪湾をホームグラウンドに、メバリング、アジングを愛するライトSWゲームフェチ! 超繊細なジグ単ゲームからハードルアーを使ったアジメバゲームまでをオールラウンドにこなすテクニシャン。ジグヘッドやロッドビルドなど自作するのも大好き! 愛称は「くまやん」、大阪府在住、クリアブルー・フィールドテスター

こんにちは。クリアブルーフィールドテスターの熊谷です。
クリアブルーから、3月下旬に豆アジ・小アジ対応ワーム「セクシービーファイン1.5inch」が登場したばかりですが、さらに続いて4月下旬に豆アジ・小アジ完全対応のジグヘッド「サイコロヘッドFine」が登場します。

【セクシービーファイン1.5inch】クリアブルーからクビレにこだわったマイクロサイズの新型アジングワームが2022年3月下旬登場

というわけで、今回は、そんな発売が迫る新作「サイコロヘッドFine」についてご紹介したいと思います!

 

サイコロヘッドFine【クリアブルー】

2022年4月20日頃登場予定

クリアブルーのジグヘッド開発は、いつも手曲げしたサンプルフックを複数作成!  そしてクリアブルー本岡代表と各地のフィールドテスターで、現地テストを繰り返し煮詰めていくというスタイル!

もちろん今回のジグヘッドも豆アジ相手にたんさんテスト! 最終的に豆アジ完全対応の1本が採用され、製品化されたんです!

クリアブルー公式 サイコロヘッドFine 詳細ページはこちら

サイコロヘッドFineの特長

そんな流れで完成した「サイコロヘッドFine」の特長は…。

従来のサイコロヘッドシリーズよりフック線径が細く、フッ素コートが採用されていることです!
なお、従来の線経が0.51mmで、今回のサイコロヘッドFineの線形は、0.435mmとなっています!

フックを細くすることにより、小さい力でフッキングしてもアジの口にしっかり刺さり込むみ、またフッ素コートを施すことで、さらに刺さり込みがよくなっています!

手首を軽く返すような動きでもフッキングが決まる

実際、今年発売のクリスター56ファインダークロステックなどの、比較的柔らか目のロッドでフッキングを行う場合でも、手首を返すような小さな動作で、深く刺さり込んでくれます。

なお豆アジングでは小さな動作でフッキングを行うことがかなり効果的です!

というのも豆アジなどの場合、バイトが小さく、大きなフッキングを行うと、タイムラグが起きてしまい、アジの口からジグヘッドが出てフッキングができないことが起きます。

一方、サイコロヘッドFineだと、大きなフッキング動作をせず、手首を返すような小さなフッキング動作でしっかりフッキングを決めることができるんです!

さて、そんなサイコロヘッドFineですが、これまでのサイコロヘッドシリーズのウエイトラインナップになかった0.2gが初採用されています!

ウエイトは6 種! 0.2g  0.4g 0.6g  0.8g 1.0g 1.2g
価格は各ウエイトとも1パック5個入りで400円税別

0.2gの超軽量ウエイトでも操作感バツグン

一般的に0.2gって、ジグヘッドの存在感がなく、扱いづらく敬遠される方が多いウエイトですが、サイコロヘッドはそのサイコロ形状のおかげで0.2gでもしっかり操作感を手元に伝えてくれます!

シェイクやリトリーブ時は、ヘッド前方上部の面で水を受け感度がアップ! ラウンドヘッドタイプのジグヘッドより、ワンランク上(サイコロヘッド0.6g=ラウンドヘッドシグヘッド0.8g)の感覚をもたらしてくれます。

更にフォール時はヘッド前方下部の面で水を受け、スローフィールしてくれます。

こちらも、ラウンドヘッドタイプのジグヘッドのワンランク軽い重さのフォールスピードとなっており、ゆっくり沈みアジに食わせの間を与えてくれます。

 

またヘッド左右の面でもしっかり潮の流れを受け、水中の潮の流れているレンジを感じやすく、ヒットゾーンを見つけるのに役立ちます。

このように考えられた形状のサイコロ形状のヘッドに加え、豆アジに完全に合わせた細軸ジグヘッドは、豆アジ狙いにオススメです!

ぜひ、これからの豆アジングシーズンにサイコロヘッドFine を使ってみてくださいね。

サイコロヘッドFineの開発ストーリーも公開されているので、ぜひチェック!

https://clearbluejp.com/jighead-story/saikoroheadfine-story

クリアブルー(Clear Blue)

2015年設立。著名アジンガーとして知られる本岡 利將(もとおか・としまさ)さんが代表をつとめるアジング・メバリングを主体とするライトSWメーカー! 豊富な現場経験と知識、そして常に繰り返される現場テストからのフィードバックを元にした、こだわりのロッド、ルアーを開発・発表中。本社所在地は鹿児島県奄美市。

クリアブルーのロッド、ワーム、ジグヘッドなど、各アイテムは、公式WEBショップで購入できるモノも、けっこうあるので、気になる人はこちらもぜひチェック!