ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【JBトップ50第1戦/ゲーリーインターナショナルCUP】優勝は藤田京弥!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

 

2022年4月3日(日)、福岡県・遠賀川で開催されたJBトップ50第1戦「ゲーリーインターナショナルCUP」決勝戦。

今年は昨年の遠賀川戦よりも、多くの選手が高ウエイトを叩き出しているような印象、そんな3日間の中で見事栄冠を手にしたのは、2020年と昨年2021年に年間優勝を果たしている、藤田京弥プロ。初日から暫定1位を守り続け、トータル11,756gで見事優勝。

出典:JB/NBC Official site

 

藤田京弥プロのウイニングルアー&タックル

 

因みに、2位は冨沢真樹プロ。3位は佐々一真プロという結果に。因みに佐々一真プロは初日では16位でしたが、2日目で6490gのウエイトでリミットメイク、決勝戦で1,236gをキャッチし、3位にまで上り詰めることに。

 

決勝結果
ゼッケン 氏名 重量
1 T504
アオキユイ

青木唯

4,995g 3
2 T5039
トミザワマサキ

冨沢真樹

3,118g 2
3 T5025
コバヤシトモヒロ

小林知寛

2,140g 2
4 T503
イマエカツタカ

今江克隆

2,092g 2
5 T5015

SHINGO

1,916g 2

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

 

最終成績
No. 氏名 重計 1重 2重 3重 p
1 T501
フジタキョウヤ

藤田京弥

11,756g 7,050g 3,862g 844g 50p
2 T5039
トミザワマサキ

冨沢真樹

11,603g 4,290g 4,195g 3,118g 49p
3 T507
サッサカズマ

佐々一真

10,456g 2,730g 6,490g 1,236g 48p
4 T504
アオキユイ

青木唯

8,325g 1,544g 1,786g 4,995g 47p
5 T5015

SHINGO

7,168g 3,260g 1,992g 1,916g 46p

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

以上が結果となります。

次回は広島・山口県「弥栄ダム」で行われるJBトップ50第2戦「東レソラロームCUP」。今年も藤田京弥プロを含め、様々な選手の活躍ぶりに期待ですね!