ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【陸っぱりエギンガー必見】全てがエギング専用設計で使いやすさバツグン!第一精工「エギラックMS」はご存知でしょうか?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

春イカシーズンがやってきましたね!

皆さんはもう狙いに行かれましたか? 春は大型が狙える反面、渋い状況も多いですよね。少しでも釣れる可能性を高めるため、ランガンしてポイントを駆け巡ったり、エギのタイプやカラーを頻繁に変えてみたり、色々工夫をされている方も多いとは思いますが、そういった動作を快適にしてくれる、エギングに特化したバッグが第一精工にラインナップされていることはご存知でしょうか?

 

エギラックMS【第一精工】

はい! 今回紹介するアイテムは「エギラックMS」。

エギンガーにとってウレシイ機能が詰まりに詰まったバッグです。種類も充実しており、ウエストバッグ仕様で20本のエギを収納することができる「エギラックMS MS-W20」と10本のエギを収納できる「エギラックMS MS-W10」。そして、付属のショルダーベルトと前後にモールシステムを採用し、20本のエギを収納できる「エギラックMS MS-20」と10本のエギを収納できる「エギラックMS MS-10」の計4タイプがラインナップされています!

品名 エギ収納本数 SIZE ウエストベルト最大サイズ 税込価格
MS-W10 10本(4号エギまで) 180x255x80mm 135cm ¥4,400
MS-W20 20本(4号エギまで) 180x255x110mm 135cm ¥4,950
MS-10 10本(4号エギまで) 180x255x80mm 130cm ¥4,180
MS-20 20本(4号エギまで) 180x255x110mm 130cm ¥4,730

第一精工公式「エギラックMS」詳細ページはこちら

 

対面4段(2段)式収納でエギの出し入れが快適&スピーディー

では、「エギラックMS」が一体どういったバッグなのか?

最大の特長はバッグ内部に秘められていて、エギンガー目線で設計されたコダワリ満載な仕様となっています! バッグ内に直接エギを収納することができ、対面4段(2段)式収納によって、沢山のエギを仕舞うことができ、取り出しやすい作りに。

 

プラ製ラックは取り外し式

エギを収納するプラ製ラックは取り外しが可能! つまり、エギを入れた状態で水洗いができたり、プラ製ラックを取り外した状態でバッグを使えば他の釣りでも活躍。

 

「MOLLE」システムも見逃せない

そしてもう1つの特長は「MOLLE」システム。

バッグの外側にモールが搭載されているため、小物類や別売の「サブポケット1416」や同じく「エギラックMS MS-20」や「エギラックMS MS-10」も装着することができるので、お好みのスタイルにカスタムすることが可能!

 

サブポケット1416を装着するとこんな感じ!

 

因みに、つい先日。第一精工の動画ロケに同行してきましたが、以下のような使い方をされていましたので、写真を撮らせていただきました! こちらは、「エギラックMS MS-W20」に「エギラックMS MS-10」を組み合わせ、モールへあらゆる第一精工の小物系アイテムを装着したカスタム方法! コレはカッコ良すぎる。

 

他にも色々なコダワリが

さらに他にも細かいコダワリが色々詰まった「エギラックMS」。

 

小物類収納も快適

本体のフロントと両サイドには小物類収納に適したポケットが装備されていますので、シンカーやスナップなどの何かと使う小物類を出しやすい位置にスタンバイすることができます!

 

生活防水ファスナー&PVCコーティングによるポリエステルクロス

また、使用している素材にも色々コダワリが詰まっていて生活防水ファスナーやPVCコーティングによるポリエステルクロスなどによって、水の侵入をできる限りブロック!

 

といった感じで便利機能が満載で使いやすさバツグンな「エギラックMS」。陸っぱりエギンガーの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

解説動画も参考に!

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。