ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【便利機能がフル満載】発売迫る!「スタイル変更可能なこちらの超万能ロッドスタンドはご存知ですか」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

魚が釣れた時、ルアー交換、ポイント移動。

オフショアゲームでは使わないことの方が珍しいロッドスタンド。元々船べりに付いていることが多いので、意識することも少ないとは思いますが…。ただ、いつも使っているようなロッドスタンドに、さらに便利機能が追加されて持ち運びも可能。

そんなアイテムがあれば、ちょっと気になりませんか?

 

マルチスタンド130【第一精工】

2022年4月登場予定

マルチに使えるロッドスタンド。発売迫る「マルチスタンド130」を今回は紹介。

最大の特長は単なるロッドスタンドとして使うだけじゃなく「ロッドスタンドスタイル」、「ロッドキーパースタイル」という2種の便利機能を使い分けれるトコロ。そして他にも便利機能が盛沢山。スピニングとベイト両方に対応しており、取り付け幅が広いのはモチロン(可能幅:15~130mm)、縦付けor横付け両方OKなので装着できる船も多いという。

対応ロッド径 クランプ取付有効幅 ロッド角度 材質 備考 重量 収納サイズ 税込価格
Φ36mm以下 15~130mm(タテヨコ取付) 上下8段階・首振り角度自由自在。 ガラス繊維強化プラスチック ラインフック搭載、ハンドルリング付属 588g 255mm×135mm×74mm ¥5,720

第一精工公式「マルチスタンド130」詳細ページはこちら

 

パイプをクルッと回転させるだけで好みのスタイルへ変更可能!

ロッドキーパースタイル

 

ロッドスタンドスタイル

 

ネジで簡単装着!
縦付け&横付け両方OK

 

ロッドキーパースタイル

2種の便利機能のうち特に注目してほしいのが「ロッドキーパースタイル」。

 

「ほっとけ釣法」やちょっとした作業を快適に

こちらのスタイルは魚が釣れた時やフックを外す時、ルアー交換をする際に重宝します。ロッドを垂直ではなく角度をつけてキープさせることで、穂先にラインが絡むことなくスムーズに作業を行うことができます! さらに、イカメタルゲームなどでは「ほっとけ釣法」と言われている、ホルダーにロッドを挿した状態で船の揺れを活かして誘いを入れるといったことも可能! ですので、イカメタルやバチコンアジングには特に向いています。

 

ロッドスタンドスタイル

続いては「ロッドスタンドスタイル」について。こちらは本来のロッドスタンドの使い方と同様、ポイント移動時などに最適。ロック機能が付いているので、グラつくことも無いですよ。ロックの解除方法は本体の凹の位置を押し込むだけです。

 

他にも色々な便利機能が!

大きな特長は「ロッドキーパースタイル」と「ロッドスタンドスタイル」の2パターンで快適に釣りを楽しめるというトコロではありますが、他にも便利なポイントが色々! 引き続き特長を順番に紹介していきますね。

 

角度調整ができる

「ロッドキーパースタイル」でロッド角度を、上下8段階まで調整可能。

写真はプロトになります

 

そして首振り角度も自在に調整できます。

 

ラインフック搭載

ポイント移動時やリグチェンジの際に、ルアーが暴れて不意のロッドティップ折れを防いでくれるラインフックも搭載。まさに便利機能尽くし!

 

といった感じで「マルチスタンド130」を紹介しました! 発売は4月予定となっていますので、ぜひリリースされたら試してみてくださいね。

 

こちらの動画もご一緒に

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。