ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ボートからキャスティングで狙うアオリイカ。そのワンポイントは?

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さん、こんにちは〜!

デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

さて、今週のイカ曜日は…!!

主役を奪う…(笑)!?

先日、仙波さんの取材に同行させて頂きました。その時の様子をお伝えするとともにに。ボートエギングのアドバイスを…!

撮影当日は、山々に雪が積もっている寒い日になりました。

ボートはエヌテックマリンさん。

朝一からしばらくは、仙波さんとMCのココロンに頑張っていただくため、私とエヌテックマリンの中井船長は操船室から応援に徹していたのですが、開始から1時間経って釣果がなく…。

中井船長が「シュウちゃん!イカいるから後ろで釣り開始して〜!」というので、冗談で「自信ありますから、すぐ釣ってしまいますよ!」と竿を出すと、わずか数分後に「釣ってしもた〜(汗)」。

撮影は遠慮したのですが、「ぜひぜひ…」ということでで撮影してもらいました。

しかし、そこからはしばらく釣れない時間に。私は竿は出さずに操舵室で船長と久しぶりのバカ話。

その後、ポイント移動を繰り返し、外海近くのポイントでココロンに待望のヒット、その後、仙波さんも待望のヒットとなり撮影も無事完了!

ボートエギングでのワンポイント

これからの時期はボートからのキャスティングでアオリイカを狙うことが多くなると思います。

そこで、池内がアドバイスを…。

手前にかけて浅くなる

ボートから狙う場合、基本的に岸側にキャストしますので、エリアにもよりますがボートの真下が深く、キャストした岸側の方が浅いことになります。

なので、徐々にシャクリの数よりもフォールの時間を多くしないとエギが沈んでいないことを頭の中に入れておきましょう。

ボートが通過する前に撃つべし

そして、ボートは徐々に潮や風で流されていくので、進行方向になるべく撃っていく方がヒットの確率は上がります。

なぜなら、ボートキャスティングは水深がせいぜい15mまでのポイントを攻めるはずなので、その水深だとボートを通過したポイントでは、アオリイカが警戒し喰わない事が多いのです。

ですから、ボートが通過する前のポイントを撃つか、前方を撃つか後ろを撃つ方が警戒されないので、ぜひ頭に入れておいてもらいたいです。

他にもいっぱいお伝えしたい事があるのですが、それは当日の仙波さんがお話ししていると思いますのでぜひ見てくださいね。

放送日など詳しくは「ルアルアチャンネル」で調べていただけると分かります。

ちなみに、 3月25日(金)のルアルアチャンネルでは私がティップランで出演しております。この記事が公開されている時には過ぎているのですが、地域によってはまだ放送されていないのでよろしくお願いします。

また、YouTubeには1週間後にアップされるので、こちらもぜひ!もちろん私もYouTubeでしか見れないのであと1週間のガマンです(笑)。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜‼︎

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/