ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

DUOの「ジャンゴ」に新モデル「グラブテールタイプ」が登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

春は様々な生き物が産卵時期を迎える季節。

ソルトでいえばマダイのノッコミが有名かと思いますが、実はマゴチも接岸してくるタイミングだったり。

出典:DUO公式YouTubeチャンネル詳細ページ

マゴチというとハイシーズンは初夏の6~7月をイメージされるかと思いますが、産卵時期は4~7月で、春先から荒食いしはじめる個体もいます。

これから要注目のマゴチゲームですが、なんとDUOより新たなマゴチ用ルアーの情報をキャッチ!

出典:DUO公式「ジャンゴグラブセット」詳細ページ

なんと、「ジャンゴ」の グラブタイプが登場予定!

ジャンゴといえば、マゴチに特化したジグヘッドワーム。

既存のジャンゴはシャッドテールタイプでしたが、新たにグラブテールタイプが登場します。

DUO公式「ジャンゴグラブセット」詳細ページはこちら

 

「ジャンゴ グラブセット」の注目ポイント

ボトムを滑空するようなヘッドデザイン

ジャンゴシリーズの最大のポイントといえるのがヘッドデザイン。ヘッドは既存のジャンゴと同様のモデルとのこと。

ボトムを滑らかに滑空するような形状で、フックアイも腹側に1箇所、背中側に2箇所用意されています。

基本は背部のセットとなりますが、状況に応じて腹部にブレードやフックをセットできるので、アレンジが可能。

また、マゴチやヒラメは嚙みつき型のバイトをしてくるため、フッキングミスが多いのも特徴。

複数フックをセットしてバラシやフッキングミスを軽減できるのもうれしいポイントです!

 

グラブテールによる滑らかなアクション×波動効果

シャッドテールに比べグラブは、テールアクションが滑らかなのが特徴。

波動もより細かくなるので、強い波動を嫌うシチュエーションや、ベイトパターンがチアユやハク、カタクチイワシなどの小魚系のときにも効果的。

特に春先のシーズンはマイクロベイトパターンがマッチするので、活躍の場面も増えることも!

 

また、シャッドテールボディと同様、サイドにフィンが搭載しているので、スライドしながらもフォール時間を長く取ることができます。

スローリトリーブからのフォールアクションも非常にオススメです!

 

ボトムずる引きとも相性抜群!

ジャンゴの真骨頂、ボトムズル引きでもグラブテールは相性抜群!

よりスローにねっちりと誘うことができるので、活性が上がりきらないときにも◎

ジグヘッドワームの「ハウル」に比べ、よりスローなリトリーブにも対応しているので、使い分けもオススメです。

 

ジャンゴ グラブセットの水中動画はこちら

 

ジャンゴ グラブセットのスペックとカラーラインナップ

スペック
Length Weight Hook 本体希望価格(税込)
ソフトルアー/3インチ 14g(亜鉛製) #7 ¥979
ソフトルアー/3インチ 21g(鉛製) #7 ¥979

ヘッドはウエイトによって素材が異なります。

よりスローにスイムさせたいときは、14g、遠投したいときは21gなどウエイトによっての使い分けも可能。

 

カラーラインナップ

GHA0528 マッディーゴールドGB/ハイパーゴールド

GHA0530 スーパーオレンジGB/オレンジグロー

GHA0533 ピンギスGB/キスグロー

GHA0536 ブルーベイト/ブルーベイト

GPA0525 メラメラレッド/ゴージャスレッド

GPA0539 ハイパーピンクGB/バブルガムグロー

GPA0542 どぜうGB/夜光どぜう

GPA0544 ナチュラルベイト/フラッシュグローベイト

グラブタイプが登場して、より死角がなくなったマゴチ攻略。

今年のマゴチゲームにぜひ、「ジャンゴグラブセット」活用してみてください!

デュオ(DUO) プロフィール

Made in JAPANの技術を生かした高品質で個性溢れるルアーを数多くリリースしているDUO。「NIPPON QUALITY」にこだわり、スタンダードかつ、新しい一手を創造する国産ルアーメーカー。