ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル/フリックシェイク】産卵絡みのメスバスに効く!水野浩聡が「ジグヘッドワッキーで春バスを釣りマクる方法」を解説

連載:水野浩聡のOne more fish
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは!

先週はロンTでも過ごせるほどの陽気。3月も下旬に差し掛かってきて、暑さを感じるほど気温が上がる日も増えてきましたね。そんな陽気に、プラスアルファで大潮というタイミングが重なり、先週は多くのバスが産卵モードもしくは、産卵スタートした所もあり、そうでなくても浅いシャローフラットにはバスが差してきたりするなど、その動きに変化が見られました。

 

産卵絡みのメスバスがシャローに差してきたタイミングでは定番! 「フリックシェイク」のジグヘッドワッキー

さて、そんな時に活躍するのが、春の超定番リグである「フリックシェイク」のジグヘッドワッキー。

ジャッカル公式「フリックシェイク」詳細ページはこちら

 

バスの差し口となる地形変化やショアライン、そして橋脚や杭といったメスがサスペンドしていそうな縦ストラクチャー、さらには岸際のカバー周りといった具合に、様々な所へ投入してシャローに差してきたバスを連日釣ることができました。

 

使用する「フリックシェイク」は主に4.8inと5.8in。そしてジグヘッドのウェイトは、0.6g-1.8gを使い、ベースは1.3g。浅い所をもっとゆっくり誘いたい場合は0.6gや0.9gといった感じ。縦ストの深いレンジを攻略したり、風が吹いてアングラー側に操作感が欲しい時は、1.8gにウエイトアップさせることもあります。

 

アプローチについて

狙い方としては上記のスポットに対してアプローチしていくわけですが、縦ストに関しては上中下のレンジを刻んで一定層をキープしながら、リーリング&シェイクで誘い続ける方法。そしてその他の場合は、ボトムを基本的には触らないギリギリのレンジを目安にアクション。

操作をしていてワームが見えるレンジにまで浮いてくるようであれば、途中で一旦ボトムまでフォールさせて再びアクション! みたいなイメージで、春バス狙いのメインの水深となる1m-1.5mのボトムちょい上くらいをフワフワさせるように操作します。

 

3月上旬の間は、どちらかというと冬のフィーディングの魚を引き続き釣っていくイメージでしたが、この産卵を意識したバスは、同じ攻め方だと全く反応してくれず、こういった目線上でフワフワさせる低インパクトの物じゃないと食わせきれない場面もしばしば。1年の中でも、今が最も「フリックシェイク」のジグヘッドワッキーが活躍する季節で、圧倒的に差が出るタイミング! ぜひ釣りに出かける時はお忘れなく。

 

タックルデータ

ロッド:ポイズンアドレナ264UL-2シマノ/ジャッカル

リール:ヴァンキッシュ2500S【シマノ】

ライン:レッドスプール(5Lb)【ジャッカル】

 

個人的に1年で一番バスのウエイトのある季節だと思っていて、掛けたビッグバスは必ず取りたいのでラインは少々太めの5Lbを使用。これによって、ライトカバー周りも攻めることができますので下記のフックなども参考に、春のバスが差してきそうなスポットを狙ってみてくださいね!

 

最後にフックについてですが、縦ストやオープンウォーターではジャッカルの「ワッキージグヘッド」を。ライトカバー周りや根掛かりの心配がある場所では、ZAPPUの「インチワッキーiガード」を使用しています。旬なこのタイミングで、ぜひ投入してみてくださいねー!

 

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい