ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スイングスイマー】シャロー専用スイムジグとして開発されたケイテックの新型スイムジグを深堀り

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
春のバス釣り特集

あらゆる年代のアングラーから支持を集めるケイテックのラバージグ!
人気の秘密は、基本性能の高さと、確実・丁寧な作りによる安心感にあったりします!

さてそんなケイテックのラバージグシリーズに大きな動きが!

というのも2022年4月、何とケイテックから複数の新作ラバジが一気に登場するんです!

どんな新作があるのか!? 下の画像を、ぜひチェック!

ケイテック公式Facebookページ(2022年4月1日オープン)

長年ケイテックのラバージグを愛用してきた記者としては、一気に、こんなにケイテック製の新型ラバージグが登場するのは、ウレシイ限り!!
というわけで、今回は、数ある新作の中の1つ、シャロー専用スイムジグとして開発された「スイングスイマー」を深堀り紹介したいと思います!

 

スイングスイマー 1/4oz  3/8oz【ケイテック】

2022年4月初旬登場

このスイングスイマーは、シャローエリア攻略に特化して開発されたKEITECH 製のスイムジグ!
スリ抜け性能が高く、ウイード、リリーパッドほか、様々なシャローストラクチャー周りをガシガシ攻め込めるのが特長!
もちろん、各パーツとも、ケイテック製ならではの色んなギミックが詰まった新型スイムジグになっています、

特長を1つ1つご紹介していきます!

アイテム名 ウエイトバリエ フック カラーバリエ 価格
スイングスイマー 1/4oz、3/8oz
デコイ製オリジナルスプロートベンド#3/0
9色 500円(税抜)

ケイテック公式 スイングスイマー詳細ページはこちら

 

スイングスイマーの特長を1つ1つピックアップ

スリ抜け能力が高い、船底のような逆T字型ヘッド形状!

ヘッドは船底のような逆T字型形状! そして太さ・本数が吟味されたブラシガードとの相乗効果によって、バツグンのスリ抜け能力を発揮!
特にウイードのスリ抜け性能が群を抜いているとのこと!

 

 

特殊デザインのワームキーパー部

見ての通り、ワームキーパー部は、珍しい形状・デザインになっています!

まずはワームズレのストレスを解消してくれる上下ダブルバーブ形状!

またキーパー部のウエイトバランスを、意図的に後方かつ下方重心にしてあります。
これによって障害物への不必要なスタックを回避しつつ安定した姿勢でのスイミングが可能に!

なお一般的なスイムジグは前重心気味で、泳がせるとワームだけがアクションする傾向が強いんだけど、このスイングスイマーは前述したように後方重心気味にしてあるので、ワームに加えて、ヘッドが少しアクションするのも特長!
ほかのスイムジグとは、ひと味 違った反応を引き出せるアクションも特長となっています!

 

ヘッド&ウエイトは鉛製!
鉛製なのに、ヘッドのシルエットはコンパクト!

スイングスイマーのヘッド&ウエイトは鉛製なので、リーズナブル!
鉛製ヘッドものは、タングステン製と比べると、通常はヘッドのシルエットがデカくなってしまうんだけど、ワームキーパー部の後方にもウエイト配分してあることで、ヘッド自体のシルエットはコンパクトになっています!←けっこうウレシイところ!

 

フック: デコイ製オリジナルスプロートベンド#3/0

デコイ製・国産オリジナルスプロートベンド#3/0フックを採用。
遠投した先でのフッキング効率がよく、またファイト中のバラシの少なさが特長なフックデザイン!

 

トレーラーワーム装着例

トレーラーとしてオススメなのは、スイングインパクトファット4.3” または4.8” 。
サイズ感、アクションともに相性抜群です

 

 

ラバースカートのカラーパターンが斬新

これまでにないラバースカートのカラーパターンになっているのも特長!

 

スイングスイマーのカラーバリエーションは全9色

スイングスイマーのスカートの色とヘッドの色はシンクロさせてあるのもウレシイ点!

 

 010 : スーパーホワイト

 

101 : グリーンパンプキンペッパー

454 : サンギル

484 : シャートリュースシャッド

510 : SPブルーギル

512 : スポットリムーバー

513 : スモーキンシャッド

514 : スモーキークリスタルシャッド

528 : パープルパールシャッド

以上、ケイテックの新作! シャロー専用スイムジグ「スイングスイマー」の情報をお届けしました!
シャローをガンガン引きたいですね!

ケイテック公式Facebookページ(2022年4月1日オープン)