ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スピードスティック2022年追加機種】初となる「#4」はどんな特徴がある!? 直撃してみた

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

天龍の「スピードスティック」に2022年に追加されるのがTSS#4-2611B。

スピードスティック初となる#4。一体どんな特徴を持つのか。

まずは舟木雄一さんにご解説頂いた動画をご覧ください!

スピードスティック TSS #4-2611B

スピードスティックに追加される「TSS #4-2611B」。

最も硬めであり、長めのレングスの竿となっています。

比較的オープンな場所で遠投したい、重めのルアーを扱いたい…スピードスティックで、という要望を叶えるモデル。

モデル タイプ レングス
( m [ft])
継数 アクション 仕舞寸法(cm) ルアーウエイト(g[oz]) 適合ライン
(lb )
ロッド自重
(g)
価格
TSS #4-2611B ベイト 2.11[6’11”] 2
オフセットハンドル
RF 177 MAX42[1-1/2] MAX25 141 未定

2ozから1-1/2ozほどのルアーを気持ちよく投げられ、扱いやすいのが特徴。

スピードスティックには#3( TSS#3-267B)というモデルもある。こちらも1/2ozから5/8ozを中心に、1oz程のルアーにも対応可能のパワーを持たせている機種となります。

ただ、ウィードを切ってリアクションバイトを狙うような場合に、よりトルクを持たせたのが#4。

また生い茂るカバーでのフロッグや、トップウォーターでは羽根モノや大きめのS字系プラグなど、ヘビーウエイトルアーへの対応力とトルクを、より重視したモデルです。

既存機種のスペックはこちら
MODEL タイプ レングス
( m [ft])
アクション 仕舞寸
(cm)
ルアーウエイト
(g[oz])
適正ライン
(lb )
自重
(g)
価格(税別)
#1L-256B ベイト 1.68[5’6″] RS 147 MAX18[5/8] MAX14 100 37,500円
#1L-260B ベイト 1.83[6’0″] RS 157 MAX18[5/8] MAX14 106 39,000円
#1-264B ベイト 1.93[6’4″] RF 168 MAX21[3/4] MAX16 113 40,000円
#2-266B ベイト 1.98[6’6″] R 168 MAX28[1] MAX20 121 41,000円
#3-267B ベイト 2.00[6’7″] RF 171 MAX35[1-1/4] MAX20 124 41,500円

※すべてオフセットハンドル

超低弾性カーボンが生む「気持ちよさ」

素材には、低弾性カーボンが用いられているスピードスティック。

これは#4も同様で、元祖のスピードスティックのグラス素材のテイストを現代風にリビルドしたから。

そのため、トルクはあるけれどバイトを弾かず、ギュウッと絞り込んでいく気持ちイイ使用感が予想されます。

また、低弾性でもダルさはなく、ティップの収束の速さにはコダワリを持って作られています。

操作感も併せ持つスピードスティック、そしてウィードカットなどがさらにやりやすくなった#4。期待せずにはいられません。

また、現代版スピードスティックということで、細部はやはり感度や操作感を向上させるパーツが備えられます。

ガイドはステンレスフレーム・SiCリングのKガイド。リールシートはPTSを採用。

ガイドはステンレスフレーム Kガイド(SiC-Sリング)

リアグリップ長は290mmで、投げやすさと操作時の安定感をもたらしてくれます。

フックキーパーや、エンドのプレートなど、細かな気配りや所有感を満たすパーツもうれしいところ。

フックキーパーも備え付けられている

コルクグリップとなっており、エンドにはTENRYUロゴと「Pride of JAPAN」

 

懐かしい?いや新しい!? 世代によって受ける印象も違うかもしれないスピードスティック。

ただ、きっと「使っててニヤける」ような、趣のある竿であることは間違いないでしょう。

便宜上バスロッドとしてはいるものの、すでに様々な対象魚で楽しんでいる方がいるように、とても自由なスピードスティック。そのロングディスタンス&パワフルモデル、発売は夏頃を予定しているそうです。

さて何を釣ろうか…と登場までの間、思案するのもまた一興!?

天龍公式スピードスティック詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。