ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

このタックルがあれば何でも狙える!オクマの「エピクサーXT Plus」×ゼニスの「シュレム」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

春は、生き物全体の活性が上がるタイミング。

狙えるターゲットが増える分、アレもコレも釣りたい!なんてことが多くなるかと思います。

アレもコレも釣りたい……けれど「アレもコレも」に対応するロッド&リールって複数になってしまいがち。

でも、ここ最近のタックルは、広い範囲で使用てきるモノが増えましたよね!

今回紹介するのは、一つのタックルで狙えるものはなんでも釣りたい!方にオススメのタックル!

釣りに行ったものの、本命不在で別なターゲットに切り替えるのは良くある話。

であれば、その対応幅が広がれば、もっと釣りが楽しめるのではないでしょうか。

エピクサー&シュレム

ピックアップするのは、リールにオクマのエピクサーXT Plus、そしてロッドにゼニスのシュレレムの組み合わせ。

コストバランスに優れたエピクサーと、まさに何でも竿のシュレムの組み合わせです。

1万円前半で反則級のスペック!オクマのエピクサーXT Plus

出典:オクマ公式エピクサーXT plus詳細ページ

まずはオクマの「エピクサーXT plus」

2000番から5500番までと幅広いラインナップで、バスフィッシングはじめソルトのライトゲーム、ショアジギング等にも対応。

剛性に優れて、ドラグやベアリング数など機能性も十分。さらに替えスプール付きで、価格もおおよそ1万円前後。

これだけ言えば、その魅力やコストパフォーマンスの良さが伝わるかと思います。

オクマ公式「エピクサーXT plus」詳細ページはこちら

 

エピクサーXT plusスペック詳細
品番 ギア比 ベアリング数 自重(g) 最大巻上長(cm) 最大ドラグ力(kg) 標準スプール
ナイロン糸巻量(号)
PE糸巻量(#号)
糸巻量替えスプール(PE)
EPXT-20PLUS 5.0:1 7BB+1RB 208 60.7 5 1.5号/130m, 2号/100m, 2.5号/80m

#0.6/380, #0.8/275, #1/230

0.6号/150m, 0.8号/100m, 1.0号/80m
EPXT-30PLUS 5.0:1 7BB+1RB 249 68.7 8 2号/220m, 2.5号/180m, 3号/150m

#1/340, #1.5/230, #2/170

0.6号/210m, 0.8号/150m, 1.0号/125m
EPXT-30H PLUS 6.0:1 7BB+1RB 255 85 8 2号/220m, 2.5号/180m, 3号/150m

#1/340, #1.5/230, #2/170

0.6号/210m, 0.8号/150m, 1.0号/125m
EPXT-40PLUS 5.0:1 7BB+1RB 304 76.3 10 2.5号/240m, 3号/200m, 4号/150m

#1/470, #1.5/320, #2/235

1.0号/170m, 1.2号/150m, 1.5号/120m
EPXT-40H PLUS 6.0:1 7BB+1RB 310 94 10 2.5号/240m, 3号/200m, 4号/150m

#1/470, #1.5/320, #2/235

1.0号/170m, 1.2号/150m, 1.5号/120m
EPXT-50PLUS 5.0:1 7BB+1RB 311 81 8 2.5号/320m, 3号/260m, 4号/190m

#1.5/415, #2/305, #3/210

2号/290m, 2.5号/240m, 3号/200m
EPXT-55 PLUS 5.0:1 7BB+1RB 316 87 12 3号/310m,4号/215m,5号/180m

#4/250m,#5/200m,#6/160m

2号/210m, 2.5号/180m, 3号/150m

 

エピクサーXT plusの機能性能など魅力をまとめた記事はこちら

この性能で1万円前後は反則級!ハイコスパのスピニングリール、オクマの「エピクサーXT plus」

替えスプールでより幅広い釣りを楽しめる!

さて、ここからが本題です。

エピクサーXT plusは汎用性が高く、それでいてドラグ力も高く、剛性力も優秀と、様々な釣りに使える性能です。

しかし、今回注目したいのは、「替えスプール」の存在!

例えば、エギングをしていたものの、急遽ライトショアジギングをしたい、なんてときにもオススメ!

普段ならリール語と交換するような場合でも、エピクサーXT Plusであればスプールだけ替えればOKなんてことも。

また、PEラインとフロロ系、太さの異なるPEラインを用意しておくなど、あらかじめラインの種類を用意しておけば、様々な釣りに対応が可能です。

 

1本で様々な釣りを楽しむならこのロッド!ゼニスの「シュレム」

出典:ゼニス公式シュレム詳細ページ

一本のロッドでなんでも釣りを楽しみたい!

そんな万能性を秘めたロッドといえば、ゼニスの「シュレム」が最適!

機種も12種類と豊富なラインナップで、それぞれが汎用性に長けた性能になっているので、ジャンル問わず様々な釣りに対応したロッドとなっています。

価格帯はいずれも2万円中盤と手ごろで、シーバスからエギング、ロックフィッシュ、ライトショアジギング、ショアサーフゲーム、チニングなどにオススメです。

ブランクは30tの中弾性のナノカーボンを採用し、程よいハリと適度なしなりが特徴。

追従性に優れているので、バレることが多いシーバスゲームや、エギングにもオススメです。

エピクサーXT Plusとシュレム、もちろん番手もあるのですが、ホントに色々な魚に使える!

エギングからライトジギング、タチウオ、フラットフィッシュなど多種多様な釣りで使用されています。

ぜひ、1本でいろいろな釣りを楽しみたい、バーサタイルなタックルを用意したい、そんな方にぜひこのエピクサーXT Plusとシュレム、併せてチェックしてみてください!

シュレムの機種展開やスペックについての記事はこちら

シーバスからエギング、ロックフィッシュ、ライトショアジギングなどこの一本でなんでもOK!ゼニスの「シュレム」

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。