ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトジギングにオススメ!ICカウンター搭載のベイトリール!ダイワの「ライトゲーム IC」が新登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:ダイワ公式「ライトゲーム IC」詳細ページ

2022年、ダイワのICカウンターが搭載したベイトリール、「ライトゲーム IC」が登場します。

「ライトゲーム IC」はライトジギングやSLJはじめ、バチコンアジング、タイラバ、イカメタル、タチウオテンヤなど様々なライトゲームに対応。

「HYPER DRIVE(ハイパードライブ)デザイン」搭載で、滑らかな巻取りや剛性に優れるなど、機能面も充実したモデルとなっています。

 

軽量で持ち重りが少ない設計

ライトゲーム ICでは「150-DH」・「150」・「200」の3タイプのモデルが登場します。

軽量で持ち重りが少ない設計で、150-DHシリーズであれば自重は215gと同型のリールと比べて軽く仕上げてあります。

ICカウンターがつくと、どうしてもウエイトが増してしまいがちですが、150に関しても220g、200も240gといずれの機種も軽いのが特徴です。

ダイワ公式「ライトゲーム IC」詳細ページはこちら

 

ライトゲーム ICの注目ポイント

ライトゲームICの最大の注目ポイントは「HYPER DRIVE(ハイパードライブ)デザイン」の搭載。

ハイパードライブとは、高い初期性能が長く続くことを目指し、全ての基本性能の水準を大幅に高めたベイトリールです。

駆動系のHYPERDRIVE DIGIGEAR(ハイパードライブデジギア)と、耐久系のHYPER ARMED HOUSING(ハイパーアームドハウジング)、HYPER TOUGH CLUTCH(ハイパータフクラッチ)の3つから成り立つ設計になっています。

 

HYPERDRIVE DIGIGEAR(ハイパードライブデジギア)

ハイパードライブデジギアは、強く滑らかな回転が持続し続けることを追求したベイト(両軸)リールにおける新設計のギアシステム。

初期の滑らかさが長く続くことを実現させたダイワ独自のテクノロジーで、耐久性につながるギアの歯の大きさをあえて小さくせずに噛合い率を向上させた設計のギアシステム。

 

HYPER ARMED HOUSING(ハイパーアームドハウジング)

ハイパーアームドハウジングは内部構造を高剛性、高精度でしっかりと支え、精緻な巻き心地とパワーを生む筐体システム。

フレームに金属素材を用いることで、サイドプレートやセットプレートとの組合せにより、基本性能をさらに長く発揮し続けることを可能にしています。

ライトゲームICでは、フレームにアルミニウム合金を採用し、堅牢無比な強度を実現したメタルハウジング仕様となっている。

 

HYPER TOUGH CLUTCH(ハイパータフクラッチ)

ハイパータフクラッチは、メリハリのきいたオン・オフ性能だけでなく、塩分濃度の高い海水域でも極めてトラブルの少ないクラッチシステム。

リール負担の大きなソルトシーンにおける固着修理件数を、ダイワ社内比で99%削減させたという実績も非常に高い絶縁構造のクラッチになっているとのこと。

 

そのほかの機能について

新世代のドラグシステム「ATD」も搭載

「HYPER DRIVE(ハイパードライブ)デザイン」以外でも、新世代のドラグシステム「ATD」を搭載。

「ATD」は魚の引きに合わせてスムーズに作動し、滑らかに効き続ける設計で、ラインの放出もムラなくスムーズにできるのが特徴です。

また、ファイト中のドラグ力低下を抑制するセッティングとなっているので、ライトジギングなどの不意な大型魚とのやり取りも安心の設計になっています。

音でタナが分かるデプスアラーム搭載

さらに、カウンター表記だけでなく、音でも判断できるデプスアラームも搭載しています。

10m毎にアラーム音が鳴り、アラーム音1回、1~3回、1~5回、オフと好みのパターンに設定することが可能です。

カウンターを見ずとも、音を聞いているだけで仕かけのタナが分かるため、ティップの動きに視線を集中することができ、フォール時のアタリも取りやすくなっています。

 

左に出ている「1」が現在の巻き速度、右は水深

また、巻き速度がタナの左側に表記されます。

巻き速度が数値になるため、どんな速度でアタリがでたかも分かりやすく、ヒットパターンが再現しやすくなっています。

各機種のスペック

2022年5月に150-DH(ダブルハンドル)が登場予定

モデル 巻取り長さ

(cm/ハンドル1回転)

ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力

(kg)

標準巻糸量

PE(号-m)

標準巻糸量

ナイロン(号-m)

ベアリングボール

ローラー

メーカー希望本体価格

(税抜)

150-DH 70 6.3 215 5 2-200

3-130

3-160

4-120

5 / 1 29,700円
150L-DH 70 6.3 215 5 2-200

3-130

3-160

4-120

5 / 1 29,700円

 

2022年6月に150・200が登場予定

モデル 巻取り長さ

(cm/ハンドル1回転)

ギア比 自重
(g)
最大ドラグ力

(kg)

標準巻糸量

PE(号-m)

標準巻糸量

ナイロン(号-m)

ベアリングボール

ローラー

メーカー希望本体価格

(税抜)

150 70 6.3 220 5 2-200

3-130

3-160

4-120

5 / 1 29,700円
150L 70 6.3 220 5 2-200

3-130

3-160

4-120

5 / 1 29,700円
200 70 6.3 240 6 2-320

3-200

3-230

4-180

5 / 1 33,600円
200L 70 6.3 240 6 2-320

3-200

3-230

4-180

5 / 1 33,600円

 

今回紹介した「ライトゲームIC」は、今人気のSLJやイカメタルなど様々なライトゲームに対応しています。

特に、ルアーゲーム以外でも棚指示や水深を把握したいときなどにもICカウンターは非常に役立つ機能です。

ぜひチェックしてみてください。

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!