ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タフコンディションに強い味方!エコギアの「エコギア熟成アクア 活メバル」シリーズをまとめて紹介!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

冬の数少ないターゲットとして重宝されるメバリング。

12月ごろから、産卵とため接岸し、1~2月にかけて産卵を終えて体力を消耗したメバルが増え始めるタイミング。

ちょうど今の季節はアフタースポーンの個体も増えはじめ、活性も下がり気味で、釣りにくい時期に差し掛かるころかと思います。

 

「アフターシーズン」は非常に釣り難い産卵直後の個体と、しばらく経って回復しつつある個体が混在する期間でもあるため、攻略も一筋縄ではいかなくなります。

今回紹介するのはそんな釣りにくい時期にオススメのワーム、エコギアの「エコギア熟成アクア 活メバル」シリーズをピックアップ!

 

エサに限りなく近いとされる「エコギア熟成アクア」

出典:エコギア公式「エコギア熟成アクア」詳細ページ

エコギア熟成アクアとは、「ルアーとエサの融合」をコンセプトにした圧倒的な食わせ力を持つ人気シリーズ。

エサに最も近い性能と称されるほど、集魚効果、深いバイトを生み出す性能で、アクションだけでは食わせきれないターゲットにも非常に有効とされています。

その効果の秘密は、天然素材が本来持ち合わせている旨み成分を酵素の力で引き出す「熟成」という手法で、熟成旨み成分にこだわることで、バイトの数やバイトの深さ、その効果の持続性が向上しています。

エコギア公式「エコギア熟成アクア」詳細ページはこちら

 

上:ミノー1.6インチ
中:STグラブ2インチ
下:シラス2インチ

ちなみに、「活メバル」シリーズは、対メバル専用として厳選したアイテムとなっており、「エコギア熟成アクア 活メバルSTグラブ2”」・「エコギア熟成アクア 活メバルシラス2”」・「エコギア熟成アクア 活メバルミノー1.6″」の3種類となっています。

 

エコギア熟成アクア 活メバルSTグラブ2”

「エコギア熟成アクア 活メバルSTグラブ2″」は、微弱なナチュラル波動とエコギア熟成アクア集魚&摂餌性能でスレメバルの攻略に強いワーム。

喰わせに強い性能となっているので、激しいアクションなどを嫌うメバルに有効です。

シンプルなフォルムで、飛行姿勢も安定するなど、キャスタビリティも抜群です。

スペック
サイズ Pcs. メーカー希望本体価格(税抜き)
2″ / 51mm 10 ¥600
2″ / 51mm (大盛) 18 ¥700

エコギア公式「エコギア熟成アクア 活メバルSTグラブ2”」詳細ページはこちら

 

エコギア熟成アクア 活メバルシラス2”

出典:エコギア公式「エコギア熟成アクア 活メバルシラス2”(大盛)」詳細ページ

「エコギア熟成アクア 活メバルシラス2”」は「エコギア熟成アクア 活メバル」シリーズのなかでも、抜群のアピール力を持った“攻め”のアイテムです。

ラウンドピンテールによる微波動効果は非常に強力で、周囲の魚を引き寄せてアピール。

サーチ力にも優れているので、初めてのフィールドやコンディションの良し悪しを測るパイロットルアーにも最適です。

微波動で引き寄せつつ、熟成アクアマテリアルの集魚&摂餌性能で食わせるといったアプローチを得意とし、アピールと食わせどちらにも使える万能タイプになります。

また、ラウンドピンテールは微波動だけでなく、アクション後のフォールやステイ時に、ブレーキ効果も担ってくれるので、移動距離を抑えたアプローチがしたいときにもオススメです!

スペック
サイズ Pcs. メーカー希望本体価格(税抜き)
2″ / 46mm 10 ¥600
2″ / 46mm (大盛) 18 ¥700

エコギア公式「エコギア熟成アクア 活メバルシラス2”」詳細ページはこちら

 

エコギア熟成アクア 活メバルミノー1.6″

出典:エコギア公式「エコギア熟成アクア 活メバルミノー1.6″」詳細ページ

「エコギア熟成アクア 活メバル」シリーズのなかで、最も喰わせ力に長けているのが、「エコギア熟成アクア 活メバルミノー1.6″」。

1.6″インチというというコンパクトなサイズながら、厚みがある一口サイズのシルエット。

ネームにミノーとある通り、小魚をベイトにしているシチュエーションに効果的で、レンジも表層からボトムまで幅広く使うことができる性能となっています。

ボリュームがあるシルエットになっているため、飛距離も出しやすいのも特徴です!

スペック
サイズ Pcs. メーカー希望本体価格(税抜き)
1.6″ / 42mm 10 ¥600
1.6″ / 42mm (大盛) 18 ¥700

エコギア公式「エコギア熟成アクア 活メバルミノー1.6″」詳細ページはこちら

 

各シリーズの使い分け

今回ピックアップした「エコギア熟成アクア 活メバル」シリーズは、エコギア熟成アクアの効果も追加されているため、いずれも喰わせに強い性能を持っています。

使い方に関しても、スローリトリーブだけで、誰でもイージーにメバルを釣ることができます。

その中でもアピール力、波動の強弱やベイトパターンで使い分けるのが釣果のカギとなります。

 

上記でも触れたように、アピール力・サーチに優れているのは「エコギア熟成アクア 活メバルシラス2”」で、パイロットルアーとして状況を把握。

活性が低いときには、より波動の微弱な「エコギア熟成アクア 活メバルSTグラブ2”」に切り替える。

逆に活性が高い、ベイトがより小さな魚となる場合は「エコギア熟成アクア 活メバルミノー1.6″」がオススメとなります。

また、これからの時期でいえば、バチを捕食している場合はシルエットが細長い「エコギア熟成アクア 活メバルSTグラブ2”」に切り替えるなど、「エコギア熟成アクア 活メバル」シリーズの3つがあれば様々な状況変化に対応が可能です。

メバリングシーズンは6月ごろまで続くので、ぜひチェックしてみてください!

エコギア(ECOGEAR)

エコギアはソルトのソフトルアーを中心に開発を手掛けるブランド。ソルトルアー黎明期から味とニオイ付きのワームシリーズを輩出、グラスミノーやパワーシャッドなどは超ロングランヒットを続けている。またブランド名にある通り、環境にやさしいワーム開発にも注力し、エコギア熟成アクアシリーズなどを展開、環境にやさしく、かつ実釣力の高さから多くのアングラーから支持を集めている。