ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大津清彰さん思い入れの逸品。ティムコ「フィニッシュブロー160」をナマ解説してもらいました

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ハードボディとソフトなテールのビッグベイトとして、2022年にティムコから登場となる「フィニッシュブロー160」

その注目度は高く、発売前から話題に…。

そんなフィニッシュブロー160に求めたコト、そして誕生秘話などは、以前に配信した記事でもご紹介しました。

【タダ者じゃないビッグベイト】ティムコ「フィニッシュブロー160」、その秘密を大津清彰に直撃!

今回は「個人的にも非常に思い入れの強いルアー」だと話す、フィニッシュブロー160の生みの親・大津清彰さんに、その特徴や思いを聞いてきました。

大津清彰さんがフィニッシュブロー160を生解説

なぜボディ前方がハードでテールがワーム素材なのか?

それはハイブリットボディならではの「キレがあって、なまめかしい」を追求したがゆえ。

さらにはジョイント部のスプリットリングが、短い距離で速く動くことを可能にし、これまでにないビッグベイトとして存在感を放ちます。

一般的にイメージするビッグベイトとは異なり、「シェイク巻き」も非常に有効とのことで、これまでと違うビッグベイトの世界を切り拓いてくれそう!

推奨タックルはロッド:6’5″~7’4″程度のMH~XHアクションのロッド。ラインは16~25lb程度。

カラーは以下の7色。

 #01ゴーストアユ

 #02 ホロコブナ

 #03 ハイパーブライトバック

 #04 シブキンクロ

 #05 レミングピンク

#06 メタリックシャートバック

#07 ライゲキブラック

#08 モンスターワカサギ

全長: 160mm
ウエイト: 43g
タイプ: フローティング
価格:2,800円(税別)

ティムコ公式フィニッシュブロー詳細ページはこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。