ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍のパワーマスター サンドウォーカーに待望のロングレングスが登場!飛距離性能に特化した「PMS1102S-M」を解説

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

通年で楽しめるサーフゲーム。

ターゲットもヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュやシーバス、青物、また地域によっては海アメマスといった様々な魚種も狙うことができる釣りとなります。

今回紹介するのは、そんなサーフゲームに向けた新モデルが天龍から登場します。

 

パワーマスターサンドウォーカーに11ftのモデル「PMS1102S-M」が登場

2022年夏ごろ登場予定

モデル タイプ レングス

( m [ft])

継数 アクション 仕舞寸

(cm)

ルアーウエイト

(g)

ライン適正

(lb)

ドラグMAX

(kg)

リアグリップレングス

(mm)

ロッドウエイト

(g)

本体希望価格
PMS1102S-M スピニング 3.35[11’0″] 2 F 172 Best40

Max60g

MAX25lb 4 435 209 未定

天龍公式「パワーマスター サンドウォーカー」詳細ページはこちら

 

「PMS1102S-M」の注目ポイント

パワーマスターサンドウォーカーといえば、サーフ全般をカバーするスタンダードモデル。

今作の「PMS1102S-M」は20g程のプラグ類から60gまでのメタルジグをフルキャストができる、遠投性に特化したロングレングスモデルとなっています。

実は既存のパワーマスターサンドウォーカーの2機種「PMS9102S-ML」・「PMS1032S-MLM」が登場した時から、より遠投に特化したロングレングスのモデルを求める声が多かったそうです。

その声に応えるカタチで、11ftのレングスモデルが登場しました。

もちろん、今回もフィールドテスターの久保田剛之(くぼた よしゆき)さんが監修されています。

 

11ftへのこだわり

「PMS1102S-M」の最大のポイントでもある11ftのレングス。

この長さにもこだわりが込められています。

前提にルアーの飛距離を出そうとした場合、ロッドが長く、硬いほど飛ばしやすくなります。

しかし、ある一定の長さからはアングラーの筋力によっては振りぬけない、キャスト時に力が負けてしまい、飛距離が出せなくなる現象が発生します。

実はこの11ftという長さは、一般的な方たちの筋力でもしっかりロッドが振りぬける、なおかつ飛距離の恩恵も受けられるといった、バランスを考慮した設計になっています。

 

そして、もう一つがレングスが長くなったことで、磯ヒラスズキゲームにも対応できるようになったこと。

風の中でも負けないスイング強度や、ある程度のサイズも抜き上げられるパワー、手前側の根ずれを回避できるレングスなど磯ヒラゲームのエントリー機種としても非常に優秀なモデルとなっています。

 

小さなヒラメでもバイトを弾かないしなやかさ

これまでのサンドウォーカーの機種と同様、サーフゲームに求められる飛距離・キャスト性能・パワー・追従性・ファイト中の貯めといった要素をバランス良く取り入れられているとのこと。

特に硬さも非常に絶妙で、飛距離性を保ちながら、衝撃を吸収してバイトを弾かない、しなやかさを備えています。

久保田さん曰く、小さなヒラメやシーバスでもバラさない設計になっているとのことで、取りこぼしのない性能となっています。

 

適応ルアーについて

扱いやすいルアーとしては15~20g前後のミノーやバイブレーションといったプラグ類から、メタルジグは40~50g、最大で60gまでキャストが可能です。

キャストに慣れていない方は45~50gのジグあたりから使い始めると、その飛距離性能がより感じられるとのこと。

 

各パーツについて

ガイドはステンレスフレームSiCリングのKガイド

 

リールシートやジョイント部には西陣織仕様のカーボンシートを採用

ブランクスもアンサンド仕様で、軽量化されています。

 

発売は2022年の夏ごろを予定しているとのこと。

「PMS1102S-M」はサーフを主体としたさまざまなシチュエーションで活躍するマルチモデル。

特に遠投性に優れているので、サーフ以外の大型河川の河口エリアにもオススメになっているとのこと。

持ち重り感も少なく、一日キャストし続けることができるバランスにもなっているそうなので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください!

 

フィールドテスター久保田氏による解説動画はこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。