ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

使いやすい&操作性抜群のサーフルアー!ダイワの「フラットジャンキーロデム」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ダイワのフラットフィッシュゲームブランド「鮃狂(フラットジャンキー)」シリーズの人気モデル「フラットジャンキーロデム4」。

ベイトフィッシュそっくりの見た目のシェイプジグヘッドに、アピール力に優れたシャッドワームの組み合わせで、これまで数多くのフラットフィッシュを仕留めてきた人気の高いルアーです。

サーフゲームでは、ジグヘッド+ワームの組み合わせのルアーが多く使われていますが、「フラットジャンキーロデム4」は性能はもちろん、ワンタッチワーム交換方式など使いやすさにもこだわっています。

ダイワ公式「フラットジャンキーロデム4」詳細ページはこちら

 

「フラットジャンキーロデム4」の3つの注目ポイント

その①
ワンタッチ交換可能ジグヘッド・ワームシステム

「フラットジャンキーロデム4」の最大のポイントともいえるのが、ワンタッチ交換可能ジグヘッド・ワームシステム。

ジグヘッド側に3重ワームキーパーとワーム誘導レール、ワーム側にキーパー誘導穴(3箇所)とレール溝を設けることで、ワームをジグヘッドの誘導レールに乗せて遊動穴に押し込むだけで簡単に装着が可能。

装着後もズレることもなく、フッキングなどの激しい動作でも外れることはほとんどありません。

ワームの交換も素早く行える、他にはない非常に便利な機能となっています。

その②
2WAYアクションアイ・ボトムタッチセンサー搭載のジグヘッド

ヘッドのラインアイは2カ所用意されています。

前方のアイではシャローエリアであまり潜らせたくないときに、離岸流や深場など、しっかり潜らせたい時は後方アイといったように、ポイントによってレンジコントロールができる設計になっています。

また、ヘッド前方下部のブレード(ボトムタッチセンサー)により着底感度も高いのもポイント。

遠浅のフィールドなど、ボトムすれすれを狙う際などにも、活躍してくれます。

ベイトフィッシュに近づけたリアルシェイプデザインとなっています。

 

その③
ダックフィンテール搭載ソフトマテリアルワームボディ

テール部分には、水鳥の足ヒレ形状からヒントを得た「ダックフィンテール」を搭載。

水つかみが良く振り子状に大きく左右にスイングする為、強いバイブレーション&ロールアクションを引き起こし、波動とそのリアルな外観との両面からアピール。

ベイトフィッシュそっくり且つ、食べごろ感たっぷりのボディとなっています。

フラットジャンキーロデム4のスイミングの様子はこちら

高橋慶朗氏による解説動画はこちら

 

スペック

ウエイト(g)

※ジグヘッド単体の重量

サイズ(inch)

※ワーム単体のサイズ

色数 フック仕様 メーカー希望本体価格

(税抜)

18 4 17 #6 トレブル 980円
21 4 17 #6 トレブル 980円
28 4 17 #6 トレブル 980円

付属アイテム:スペアボディ1本付き

 

カラーラインナップ

2022年5月に新色が4色追加となります。

カラーはいずれもベイトを模したリアルデザインとなっています。

UV系のカラーも追加され、マヅメ時といったローライトにも活躍できるラインナップとなっています。

UVリアルイワシ

リアルグローイワシ

UVリアルキス

リアルキスグローベリー

 

既存のカラーラインナップ

 

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!