ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サイズ以上のアピール力】東京湾・林遊船代表の林克樹直伝「激食わせテク」が凄スギ!O.S.P「HPシャッドテールSW」は何故釣れる

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
メバリング特集

バサーならお馴染みのルアーメーカー「O.S.P」。

設立から20年以上が過ぎ、数々の名作ルアーを世に送り出してきましたが、最近ではSWルアージャンルでも頭角を現してきています。

今や多くのSWルアーがラインナップされていますが、そんな中でもロックフィッシュはモチロン、シーズン真っ最中のメバルに超効果的なルアーとして話題沸騰中なのがこちらのワームになります。

 

HPシャッドテールSW【O.S.P】

タダ巻きとシェイキングの両立が大前提。

様々なリグに対応できる小型シャッドテールワームとして多くのバサーから親しまれてきた「HPシャッドテール」をSW仕様に仕上げたのがこちらの「HPシャッドテールSW」。

Length Color Count Price
2in、2.5in、3.1in、3.6in 5 12(2in)、10(2.5in)、8(3.1in)、7(3.6in) 858円(税込)

O.S.P公式「HPシャッドテールSW」詳細ページはこちら

 

小型サイズながらアピール力と食わせ力に長ける

小型サイズながらもパワフルな振動と波動で遠くのメバルをおびき寄せると共に、ファストリトリーブからロッドをサビくようなスローリトリーブまで、速度を問わず常にボディ後部のテールが回転し続けて波動を発生。軽量のジグ単やキャロライナリグなどをセット、タダ巻きではヘッドまで揺らす力強いウォブリングアクションを発生。また、フリーフォールでもシッカリとテールが回転することで、着水からピックアップまで水中にワームが居る続ける限り、常にメバルを誘い続けてくれる仕様に。ボディ全体に施されたリブも水を多く掴んだり、操作感の向上であったり、シャッドテールとは異なる波動を生んだり、色々なメリットを秘めていそう…。

 

ジグヘッドへのセットも超簡単

釣れるということ以外に、もう1つ大きなメリットがあります。

それはジグヘッドへのセットが超簡単だというトコロ。以下の写真の通り、大きめに設計されたヘッドに加えて、センターラインがワーム本体に施されているため、ジグヘッドを真っすぐセットすることができます! 真っすぐ刺せることで常に同じセッティングが可能となり、ワーム本来のアクションを最大限に発揮することができます。

 

さらにもう1つ、3点のドットがボディに施されているのも注目すべきポイント。本来はバスフィッシングで用いられるネコリグに対応するためのモノではありましたが、ジグヘッドをセットする際もカナリ役立つパーツ、このドットを基準にすることで、常に決まった位置から針先を抜くことができ、ワームが曲がって刺し直すといった手間も省くことができます。

 

見通しの悪いナイトゲームで行うことが多いメバリング、大きめに設計されたヘッドと、センターライン、3点のドットによって、素早く丁寧にワームをセットすることができ、時合中の「さらにもう1匹」をキャッチすることが可能に。

次ページでは林遊船代表「林克樹」さんに聞いた激食わせテクニックを紹介!
1 / 3
次へ