ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ズル引きや細かなリフト&フォールが有効】一宮安幸がジャッカル「シザーコームロックフィッシュ」を駆使したロックフィッシュゲームを紹介

連載:ジャッカルソルト
寄稿:一宮安幸
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、大分の一宮安幸です。

連日厳しい寒さが続いていますが、この時期にシーズンを迎えるターゲットといえば、メバルやソイなどのロックフィッシュですよね。さて、今回はロックフィッシュゲームについて解説。ジャッカルが誇るバス用の名作ワームが、ロックフィッシュ用にアレンジされていますので、そちらも合わせて紹介していきますね。

一宮 安幸 (Yasuyuki Ichimiya) プロフィール

大分県をホームグラウンドに、旬なSWターゲットを求めて日夜、釣り歩き中! アジ、メバル、カマス、シーバス、カサゴ、グルーパー、アオリイカなどなど、身近なターゲットの釣りが大好き!

 

あの名作ワームをロックフィッシュ仕様に!「シザーコームロックフィッシュ」

さて、その名作ワームのロックフィッシュ仕様が「シザーコームロックフィッシュ」になります。

ジャッカル公式「シザーコームロックフィッシュ」詳細ページはこちら

 

4対のアームと2つに分かれたロングテールが、微かな水流をシッカリ捉えて、小刻みに震えたりローリングしたりと、他にはない独特のアクションを演出します。

 

そういったアクションが逃げ惑う甲殻類や弱った小魚を演出し、ロックフィッシュに効くという訳です。サイズ展開は2.5、3.0、3.8inの3種類。繊細なフィネスから大型狙いまで可能になっています。

 

小型から大型までのロックフィッシュが高反応

さて、ロックフィッシュゲームの本場といえば、北海道や東北地方などが挙げられますが、既にシザーコームで多くの釣果が上がっているそうです。当地大分では本場の数やサイズには及びませんが、十分に楽しめています。

 

主なターゲットとなるのが、「タケノコメバル」や「クロソイ」、「カサゴ」など。特にタケノコメバルとクロソイの引きはカナリ強烈。

 

あまり潮流の影響を受けない湾奥のフィールドでも釣れてくれるので、荒天が多いこの季節にもシッカリ楽しめますよ。

 

使い方に関してですが、ズル引きや細かなリフト&フォールといったシンプルな使い方でオッケーです。

今回載せてある写真を撮った時はリフト&フォールが有効でした。これからのシーズン、まだまだ楽しめると思いますので、ぜひ試してみてください。

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!