ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【10%以上の軽量化/さらに高感度】新たにカーボンモノコックグリップを採用してリニューアル!シマノ「エクスプライド」を紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

 

遂に公開しましたね、シマノの新製品情報。

2022年も各ジャンルから気になるNEWアイテムが続々公開、まだご覧になっていない方は要チェックですよ! さて、今回注目するのはバス関連ネタ。バサーならご存知の方も多いハズ。価格を上回る高性能さで人気を誇るシマノ「エクスプライド」が、2度目のフルモデルチェンジを果たしました。どこがどう変わったのか…、ではどうぞ!

 

エクスプライド【シマノ】

2022年2月登場予定

エッジタイプのカーボンモノコックグリップを新採用。

10%以上の軽量化と鋭く響く高感度を実現、先端テクニックに対応する幅広い機種をラインナップ、デザイン面や使いやすさもブラッシュアップされて生まれ変わった「エクスプライド」。

シマノ公式「エクスプライド」詳細ページはこちら

 

新採用の「カーボンモノコックグリップ」について

では「エクスプライド」の最も注目すべきポイント、新採用となったエッジタイプの「カーボンモノコックグリップ」について解説していきます。コチラが採用されたことで、従来モデルからさらなる軽量化と高感度を実現。さらに、ラウンド形状の進化となるエッジ形状によって、握り込んだ時に指が引っかかることでキャスト精度や飛距離、そしてホールド力などの操作性も同時にアップ。

 

カーボンモノコックグリップの詳細

リアグリップをカーボン一体成型で中空構造化。従来にない情報伝達力や軽さ&感度を実現。

 

デザインや使いやすさもブラッシュアップ

デザイン面や使いやすさも、より良くなっていますよ。

リールシートとカーボンモノコックグリップには、マットラバーコーティングが採用。ブランクスの元部にもマットフィニッシュが使用されています。濡れても滑りにくいというメリットと共に見た目のカッコ良さも向上。さらに、カーボンモノコックグリップ部には、コンセプトとアイテム名が印字されているため、ボート上に並べた時、もしくは車載ロッドホルダーから取り出す際に、使用したい機種を素早くセレクトすることが可能。

 

滑りにくいマットラバーコーティングが施されたパーフェクションシートXT リールシート

 

ブランクスの元部にも精悍なマットフィニッシュを採用

 

マットラバーコーティングを採用、コンセプトとアイテム名が印字されたカーボンモノコックグリップ

1 / 2
次へ