ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

低水温期の必殺ジャークベイト「エックスオーバー」と「フェイス」超実践的 使い分け講座

寄稿:飯田秀明
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

飯田 秀明(Hideaki Iida) プロフィール

霞ケ浦水系をホームグラウンドにするスーパーロコアングラー! W.B.S、JB、NBCチャプターなどに参戦、優勝ほか数々の実績を残す敏腕トーナメンターとしても知られている。千葉県出身・在住

こんにちは。エバーグリーンプロスタッフの飯田秀明です。

低水温期に特に効果的なルアー「ジャークベイト」。
私のメインフィールドである霞ケ浦に限らず、全国的に冬~早春に必須とも言えるルアーであることは、みなさんご存知の通りかと思います。

そんな中でも、好釣果を叩き出してくれて私のお気に入りとなっているルアーなのが、エックスオーバーフェイスの2種!!

今回は、私のメインフィールド霞ヶ浦を例に、低水温期におけるエックスオーバーとフェイスの使い分けをご紹介させていただきます。

「エックスオーバー」と「フェイス」の使い分けは?

エックスオーバーフェイス、一言で「使い分け」と言っても、ルアースペックを比較してわかるように、ウエイト、潜行深度に大きな差はなく、私が使用する際のアクションも、ジャーク(トゥイッチ)&ポーズと、ここもほぼ同じ……違うのは、見た目だけなの……?と思われるかもしれません。

エバーグリーン公式エックスオーバー詳細ページはこちら
フェイスの詳細→「フェイス(115mm)」「フェイス87  (87mm)

アイテム 全長 自重 タイプ 潜行レンジ フックサイズ 価格
フェイス 11.5cm 18.6g スローフローティング 1.0~2.0m フロント:#5・センター:#5・リア:#5 1,750円(税別)
フェイス87 8.7cm 8.5g スローフローティング 1.0~1.5m 【EGトレブルマジック】 フロント:#8・センター#8・リア:#8 1,650円(税別)
エックスオーバー 9.0cm 18.5g スローフローティング 1.0~2.0m フロント:#6・センター#6・リア:#6 1,650円(税別)

 

しかし、それだけじゃなく、実際、使い分けが存在します。
それは何か? というと、ズバリ「狙うポイントによって使い分けること」。

見た目だけじゃないそれぞれのルアーの特長を生かせば、より効果的に使い分けることができるようになります。

エックスオーバーで狙うポイントはズバリ「カバー周り」

まずは、エックスオーバー。狙うポイントは、ずばり……カバー周り!!

ブッシュ、アシ、岩、杭、フローティングマット等々。ボディサイズが90 mmとコンパクトで、ショートシャンクフックを纏っているため、根掛かりに強いという特長があるからです。

さらに、固定ウエイトのため、ウエイトが動くことによる不意のダートを抑え、アクションコントロールがしやすいことも、カバー周りで使いやすい要因です。

そのうえ、狭いスポットで体高のあるボディを捻りながら明滅と水押しを発生し、カバーの中のバスにもアピールする力もあります。

1m以浅のシャローで弱めのトゥイッチ&短いポーズを繰り返し、ここぞのピンスポの横で長めのポーズ

近距離からのアプローチで、狙う水深は1m未満。弱めのトゥイッチ&短いポーズを繰り返し、バイトさせたいピンポイントの横で長めのポーズ、という使い方が基本。

ポーズ後は水面直下に視認できるまで浮かせてやる!

エックスオーバーはスローフローティングですが、ポーズ後は水面直下に視認できるまで浮かせてやることが大切です。ラインの重さや水温によって浮上速度は変わりますが、3~5秒程度は待ってください。この時期でも、水面直下でエックスオーバーにバイトするシーンが見えることもあります。

ちなみに、昨年の12月に行われたローカルトーナメントでは、水温が上がりだしたタイミングでエックスオーバーで連発。3位に入賞することができました! この時も、水面直下でのバイトシーンが丸見えでしたよ。

エックスオーバー関連実釣動画もぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

フェイスの出しドコロは絞りきれない連続する石積みや、ドック周りの急深なポイント

強めのロッドワークで、ジャーク&ポーズを繰り返しイレギュラーダート+音で誘う

フェイスの出しどころは、狙いどころが絞りきれない連続する石積みや、ドック周りの急深なポイント!!

ある程度ロングキャスト気味にアプローチして、重心移動ウエイトによるイレギュラーなダートアクション+音で広範囲に探るイメージで使用しています。

アクションは、エックスオーバーよりも強いロッドワークで、ジャーク&ポーズを繰り返します。

ポイントに対して距離を取っているので、広く探るだけでなく、ルアーの潜行深度を下げることができます。その深めのレンジをキープするためにも、ポーズは短めで、止めている時間は1~3秒ほど。
ですが、バイトはポーズ中に集中します。

ルアーが1m以上潜行しているため、ラインの重さと水圧でかなりのスローフローティングな状態 or ほぼサスペンド状態を作り出せているので、喰わせの間もしっかり確保できているんですね。

実際、先日も、ドック周りの1.5m前後の石積みで、フェイスでキロオーバーの魚が連発。新色のスーパーワカサギが活躍してくれて、好釣果に恵まれました!

今回紹介させていただいたエックスオーバーとフェイスは、冬~早春の低水温期の心強い味方になってくれるはず。まだまだ寒い日が続きそうですが、狙うシチュエーションによって2つのルアーを上手く使い分けて、心に残る価値ある1本を手にしてくださいね!

 

ジャークベイト攻め使用タックル!

ロッド:オライオン OCSC-67ML+ ライトニングストライク67ML+
ライン:バスザイル・マジックハードR 14lb

全長 継数 標準自重 パワー ルアー ライン 価格
2.01m 1 109g ミディアムライト プラス 3.5~35g(1/8~1・1/4oz) 6~16lb 64,000円(税別)