ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スイミングフリーリグ用】ワームとの一体感とスイミング時の安定性を追求!フィッシュアロー「フリリグシンカー タングステン・ファット」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

バスに限らず、SWルアーゲームでも大活躍の「フリーリグ」。

ロックフィッシュゲームではモチロン、特に最近はチニングで愛用している方が続出中。根掛かりも非常に少なく、飛距離も出せて、着水後はワームとシンカーが離れるのでワームがフリー状態に。まさにメリット尽くし…。

さて、そんなチニングのフリーリグ釣法、2022年1月にフィッシュアローから、流行の兆しを見せている新メソッドに対応したフリーリグシンカーがリリースされたことは皆さんご存知でしょうか?

 

フリリグシンカー タングステン・ファット【フィッシュアロー】

2022年1月登場

スイミングフリーリグ用。

フィッシュアローの新作フリーリグシンカー「フリリグシンカー タングステン・ファット」を今回は紹介! 「フリリグシンカー タングステン」よりもコンパクトで落ち着きのあるデザインが特徴的ですが、一体どういったメリットを秘めているのでしょうか?  では、魅力に迫っていきましょう!

品名 ウエイト(oz) ウエイト(g) 入数 メーカー希望本体価格
フリリグシンカー・ファット 1/8oz 3.5g 4 ¥500-(税別)
3/16oz 5.0g 3 ¥500-(税別)
1/4oz 7.0g 3 ¥570-(税別)
3/8oz 10g 2 ¥570-(税別)
1/2oz 14g 2 ¥600-(税別)

フィッシュアロー公式「フリリグシンカー タングステン・ファット」詳細ページはこちら

 

フィッシュアロー公式インスタグラム「fisharrow_jp」でも情報公開中!

 

この投稿をInstagramで見る

 

フィッシュアロー(@fisharrow_jp)がシェアした投稿

 

ショートムービーがこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

そもそも、スイミングフリーリグとは?

早速アイテムの紹介をしたいトコロですがその前に、少しスイミングフリーリグについて解説します。スイミングフリーリグとは、ペグ止めを使用してシンカーがライン上で移動することを抑え、名前の通りスイミング的にターゲットを誘う釣法のこと。

 

スイミングフリーリグのセッティングがこちら!

 

フリーリグとの使い分け

スイミングフリーリグはリトリーブがメインとなるため、サーチ能力に優れていて根掛かりも通常のフリーリグよりさらに少なく、シンカーがワームと一体化していることにより、ボトムの感覚も手元に感じやすいというメリットがあります。初めて訪れるフィールドで釣りをする場合や、フリーリグそのものを初めて使うという方には特にオススメ!

 

一方、フリーリグの場合は、居場所が分かっているのに中々乗らない! というようなショートバイト対策として活躍。基本的にリフト&フォールやシェイクなど…、比較的短い距離で誘う釣りに向いている印象を受けます。

「フリリグシンカー タングステン・ファット」で通常のフリーリグセッティングをするとこんな感じ。ペグ止め無しor少し離した位置にセット。

 

スイミングフリーリグでは今回紹介している「フリリグシンカー タングステン・ファット」、フリーリグであれば「フリリグシンカー タングステン」というように、釣り方だけではなく、シンカーも上手く使い分けることができそうですね。

 

上:フリリグシンカー タングステン
下:フリリグシンカー タングステン・ファット

 

フリリグシンカー タングステン・ファットのメリット

スイミングフリーリグの魅力をお伝えしたトコロで、「フリリグシンカー タングステン・ファット」の特長も解説。

スイミングフリーリグを快適に行えるように、ワームとの一体感とスイミング時の安定性を追求。そのため、タル型形状のコンパクト設計を採用し、魚に違和感を与えないようにマットブラックカラーが施されているという辺りが特長になります。

 

感度バツグン!他のルアーフィッシングでも使える仕様に

素材はモチロン、タングステンなので感度バツグン! 強化ステンレス製のローリングアイも標準装備で、Fecoマークが入っている通り、チニングだけに限らずバスフィッシングであったり、他のSWルアーゲームのフリーリグとしても充分使えるように考慮されていますよ!

 

ウエイトラインナップ

ウエイトは全部で5種類となっています。流れや水深、ワームサイズにアクションなど…。色々使い分けてみてくださいね!

 

1/8 oz(3.5g)

 

3/16 oz(5g)

 

1/4 oz(7g)

 

3/8 oz(10g)

 

1/2 oz(14g)

 

以上、スイミングフリーリグ用の新作シンカー「フリリグシンカー タングステン・ファット」を紹介しました! 2022年はさらにチニングがアツくなる予感…。ぜひスイミングフリーリグをお試しくださいね!

 

実釣動画もご一緒に!

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

フィッシュアロー(Fish Arrow)

2000年、ビッグベイトといえばアメリカ製ルアーしか存在しなかった時代に、国内で初めてのビッグベイト「モンスタージャック」を世に送り出した老舗ゲームフィッシングブランド。その後もビッグベイトや、ベイトライクワーム「フラッシュJ」シリーズなど、使う楽しさと圧倒的な釣果の両立を目指したオリジナリティ溢れるアイテムを世に出し続けている。