ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

養老水系・琵琶湖でも実績多数!唯一無二のスイムベイト!FINAL WEAPON(ファイナルウエポン)の「イービルシャッド」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

五三川や大江川といった養老水系はじめ、琵琶湖を中心に人気を集めるスイムベイト「イービルシャッド」

イービルシャッドは河村亘真(かわむらのぶまさ)氏が代表を務める、FINAL WEAPON(ファイナルウエポン)のハンドメイドルアー。

最近ではSNSなどで多数の釣果報告が寄せられるなど話題となり、オンラインストアでは販売開始からものの数分で完売という人気ぶりも見せています。

 

そのアクションは特筆で、超デッドスローリトリーブでもしっかり泳ぎ、水深10cmほどのシャローでも攻略ができる性能。

一方で、ジャークベイトの様な鋭いアクションも得意とし、寄せるアプローチから喰わせに至るまでマルチ活躍してくれます。

百聞は一見に如かず、まずは実際のアクションを見てもらえれば、イービルシャッドの性能が伝わるかと思います。

 

イービルシャッドの基本スペック

イービルシャッドの全長は約140mm、ウエイトは1oz(約28g)のノンウェイトのスイムベイト。

推奨タックルはロッドはM~MHで、ティップが少し柔らかめのモデルと相性がよく、リールもノーマルからローギアタイプがオススメとのこと。

ちなみに現在、イービルシャッド専用のロッドも開発中です。

ラインに関しては、16lbを基本に14~20lbのナイロンラインにマッチしています。

 

 

イービルシャッドの基本的な使い方

イービルシャッドの使い方は非常に簡単、投げてゆっくり巻くだけ。

非常に食わせに強い性能となっているため、遠投ではなくショートピッチでピンポイントでバスを狙うのに最適です。

巻き速度に関しては、ラインを張らない超デッドスローを意識するのが重要で、どんなにスローに巻いてもテールがテロテロと艶めかしくアクションしてくれます。

ジャークに関しても、ジャークベイト顔負けのリアルなダートアクションを演出。

素材の柔らかさも相まって、非常に生命感のあるアクションとなっています。

デッドスローでバスを寄せたところに、ジャークで一気に喰わせるといったアプローチができるのも、イービルシャッドならではといえるでしょう。

 

デッドスローからのバスのバイトシーンはこちら

 

水深10cmでも攻略可能!その秘密は生命体比重

冒頭でも触れましたが、イービルシャッドは水深10cmほどの超シャローエリアでもアプローチが可能。

従来のスイムベイトの場合、着水から巻きはじめる頃にはボトムについてしまうことがほとんどかと思います。

しかし、イービルシャッドの場合、ノンウエイトボディで着水から沈むまでの速度は非常にゆっくり。

この速度の秘密はマテリアルの比重によるもので、生命体比重を追求したことでより水に馴染む設計となっています。

 

また、着水からステイさせる場合は、ボディの背の部分が表面張力で水面に浮かせることも可能。

上記でナイロンラインを推奨していたのも、比重の軽いナイロン製を使用することで、生命体比重の特性を最大限に活かすためのものとなっています。

 

絶妙なバランス設計のテールアクション

そして、最後はテールについて。

イービルシャッドの心臓部ともいえるテール部分は非常にしなやかで、触ったときの質感も軽くてやわらかな印象です。

アクション時のテロテロ感は絶妙で、超デッドスローで引いた際もしっかりと左右にテールが振れるため、追尾してきたバスを見切らせません。

 

フォールは瀕死のベイトを意識したテールアクション

そしてもう一つはフォール時のアクション。

イービルシャッドのフォール時のアクションは、瀕死の魚が硬直して落ちる様子をリアルに再現。

というのも、瀕死の魚含め、魚は上下に動く際にテールを振らず浮袋の調節によって移動しています。

水を受けることで若干テールはかすかに揺れてはいますが、いわゆる、スローにフリーフォールする動きに近いイメージとなります。

 

イービルシャッドでは、それらの動きをふまえ、フォール時は微震しながら揺れるテールアクションとなります。

逆にリトリーブからのストップ時にはテールが動くので見切られることもありません。

 

販売の情報などはSNSにてチェック

イービルシャッドの取り扱いは公式HPのSHOP INFOで確認できます。

もしくは公式オンラインショップで購入が可能です。

入荷情報などはInstagran・Twitter等で告知がされますので、あわせてチェックしておきましょう。

 

 

2022年はイービルシャッドにあわせたナイロンラインや、スモールサイズの「スピンイービル」、ストレートタイプの「イービルクローラー」も展開予定とのこと!

ぜひチェックしてみてください!

 

FINAL WEAPON公式「イービルシャッド」詳細ページはこちら

FINAL WEAPON公式Twitter詳細ページはこちら

FINAL WEAPON公式Instagram詳細ページはこちら

FINAL WEAPON公式オンラインストア詳細ページはこちら

 

FINAL WEAPON公式YouTubeチャンネルはこちら