ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【モノガードヴェスパ】フィネスジグヘッドとして人気のヴェスパに2022年春・ガード付きモデルが登場

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

4Lb以下のラインを用いたフィネスフィッシング用ジグヘッドとして人気なのがリューギの「ヴェスパ」。

ちなみに商品名のヴェスパという名は、イタリア語でスズメバチ! 小さいけど強い!っていうトコロから商品名として採用されたそうな!

【フィネス専用設計ジグヘッド】良く刺さり安定したアクションを演出させる!リューギの「ヴェスパ」にご注目!

 

そんなヴェスパの繊細さを継承したガード付きモデル「モノガードヴェスパ」が2022年登場。

モノガードヴェスパ【リューギ】

2022年春(4~5月頃)登場予定

「モノガードヴェスパ」はその名の通り、「ヴェスパ」のガード付モデルで、今までのヴェスパでは難しかったストラクチャー周りをよりタイトに狙う事ができるモデル。

もちろん、今回のモノガードヴェスパは、オリジナルのヴェスパに、単にガードを付けただけではなく、細かな独自設計になっています!

そんなモノガードヴェスパの特長を1つ1つ見ていきますね!

フックは、ヴェスパよりひと回り太い線経のモノが採用されています

まずはフックの線径なんだけど、通常、ガード付ジグヘッドの場合は、フッキングパワーが必要で。ノーガードものと比べると、よりタックルは強いモノが必要となります! なので細軸設定のヴェスパのハリをそのまま使用すると、そんな状況に耐えられないことから、モノガードヴェスパではフックサイズは変えずに、線経は従来のヴェスパよりひと回り太く設定されたモノ(ホバーショットで採用されたフック)が採用されています!

ちなみに、ひと回り太くって書いてますが、かなり微妙に太くなっている感じです! 芸が細かいです!

これによって障害物周りでの多少強引なやり取りを迫られるシーンにも対応できるようになっています!

 

ガードは、硬すぎず、やわらかすぎずの「ちょうどいい」強さに設定

気になるガードに関しては、通常の樹脂製のガード(ブラシガード)が採用されているんだけど、ガードの強さは、あの山岡計文さんなどと協議して、硬すぎず、やわらかすぎずの「ちょうどいい」強さに設定!

ちなみにガードが抜けにくいよう、根元部にあるツボのようなガード受けが付けてあるんだけど、この部分もガードの強さに影響のある部分だそうで、当然、その部分も含めた細かいガード強さ設定にしてあるそうな!

従来のヴェスパ同様、ヨコアイ採用

モノガードヴェスパは、オリジナルのヴェスパ同様にヨコアイが採用されていることで、タテアイのように使用中に結び位置が前後にズレる心配が無く、ラインとアイの結び目が高い位置をキープしてくれるので、ロールさせやすいなど、アクションが安定!

 

かなり細かい点が考慮されたワームキーパー

ワームキーパー部はダブルワイヤーガード仕様!
ミドストなどで多用する「薄刺し」にリグった時にもしっかりワームをホールドできるよう、キーパーのカギの向きは下向き!
そしてカギの高さも、ワームを傷つけず かつワームのホールド力を損なわないギリギリの高さに設定してある

 

フックサイズは2種、ウエイトは5種、全10種をラインナップ

以上、リューギの2022年新作ジグヘッド「モノガードヴェスパ」をご紹介しました!

パっと見た感じはシンプルなアイテムなんだけど、リューギ開発陣ならではの半端ないこだわりが詰まってました!
登場したらぜひチェックしてみてくださいね!