ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【邪魔にならない】飲み物や小物類収納に最適な折り畳めるドリンクホルダーが登場!明邦化学工業「オリコンドリンクホルダーBM」

新製品総力特集2022

これまで何度か紹介した明邦化学工業の新製品「オリコンドリンクホルダーBM」。

新たにリリースされたオプションパーツであり、名前の「オリコン」とは折り畳み式コンテナの略。つまり、畳むことができるドリンクホルダーです。

 

画像のようにバケットマウスやランガンシステムボックスの多目的ホルダーに装着して使います。使用する時はドリンクホルダーとしてはモチロン、小物置きとして活躍。使わない時は折り畳むことで、移動時やボート上で邪魔にならないというメリットを秘めています。

さて、つい先日、「オリコンドリンクホルダーBM」の実物を初めて触ってきました。今回は触れた感想や特長に、明邦化学工業の開発担当の方にも色々お話を伺うことができましたので、その辺を色々交えながら、改めてアイテムの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

オリコンドリンクホルダーBM【明邦化学工業】

折り畳めることが最大の特長である「オリコンドリンクホルダーBM」。

実物を見ても小柄。そして折り畳むとさらにコンパクト。片手で丁度持ちやすいサイズ感となっています。では、魅力をお伝えする前にまずは実物をご覧になってみてください!

サイズ 税込価格
98×93×100mm
折り畳み時:98×36×100mm
¥1210

明邦化学工業公式「オリコンドリンクホルダーBM」詳細ページはこちら

 

組み立てる様子はショートムービーでご覧いただけます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

開発のキッカケについて

ご存知の方も多いと思いますが、明邦化学工業には「ハードドリンクホルダーBM」という同じ用途のアイテムがラインナップされています。では、どうして今回「オリコンドリンクホルダーBM」を開発しようと考えたのか? 実際に話を伺うと、オリジナルの「ハードドリンクホルダーBM」はロングセラーアイテム。昔からラインナップされていて、今も多くのアングラーから親しまれているので、どうせならもっと使いやすいように作り変えてみては? という案が出たのが開発のキッカケだったそう。それに、オリジナルの「ハードドリンクホルダーBM」は装着していると幅をとることも多く、それなら折り畳み式にしてみてはという発想から、今回「オリコンドリンクホルダーBM」が生まれることになりました。

 

折り畳めるので邪魔にならない

他のオプションパーツと同様にバケットマウスやランガンシステムボックスの多目的ホルダーや、オプションパーツの為のオプションパーツである「マルチホルダー( BM-25/BM-30)」に装着することで、オリジナルモデルと同様にドリンクホルダーとしてはモチロン、小物置きとして活躍。

 

そして折り畳むことで邪魔になることがなく、他の物と接触してしまうということもありません。

 

「マルチホルダー( BM-25/BM-30)」への装着もカナリ良さげ

「マルチホルダー( BM-25/BM-30)」へ装着することで飲み物やプライヤーにハサミなどの小物類などをさらに取り出しやすくすることができます。ぜひ、こちらも参考に。

 

もう発売が始まっていて多くの店舗で姿を見ることが多いと思いますので、ぜひ見かけた際は手に取ってチェックしてみてくださいね!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!