ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ラグゼの名作が進化】圧倒的なスリ抜け性能を持つ「スイミングショット・ネオ」が登場

新製品総力特集2022

ラグゼからスイミングショット……のNEWバージョンが登場となる。

スイミングショットNEO

スイミングショットといえば、ラグゼを代表する元祖トンガリ系スイムジグ。

それがリファインされて「スイミングショットNEO」となる。

元々スイミングショットは、ウイードへのタッチ感とスリ抜け性能の高さに優れたスイムジグ。

ウィードからスリ抜けた瞬間や、ウイードタッチ後の即高速巻き(3、4回転)でウイードを切った瞬間などにバスがバイトしてきて、琵琶湖などでは助けてもらった方も多いのではないでしょうか。

スイミングショットNEOは、そうしたタッチ感・スリ抜け性能はもちろん踏襲しながら、さらによく水をつかんでアングラーに操作感をもたらしてくれる仕様となっている。

ちなみに下記写真はスイミングショットNEOのプロト時のもの。ヘッドの窪みがより多くなった印象で、水噛みのよさはこうした微調整から生まれたのでしょう。

ちなみに、実は2020年にも琵琶湖プロガイド礒村雅俊さんにその特徴について話を聞いていました。

話を大きくまとめると、もとよりウイードのスリ抜け性能に特化していたスイミングショットに、適度な巻き感も加わり、「スイムジグがどこでどうしているのか」が分かるのが進化したポイントといえます。

どこで何をしているのかが分かるという点においては中層攻略などでも非常に役立つ要素。もちろんスイムジグ自体が現代では幅広い使われ方をしていて(季節にしても、そのアプローチ法においても)、スイミングショットNEOが中層攻略用というわけではないことは付記しておきます。

そんな幅広い使われ方をするスイムジグだからこそ、オリジナルでは3本だったブラシガードがNEOでは標準で9本に。アングラーのお好みで調整しやすい仕様となっています。

さて、まとめると、スイミングショットの特長をさらに引き出した全方位型のスイムジグが「スイミングショットNEO」といえます。

そのためウイードだけでなく、ごちゃごちゃした「ため池」のカバー周りなどでもスリ抜け性能を活かして撃つことが可能に。

ウエイトでも、実は1/4ozがNEOにはラインナップされるとかで…。絶対ため池スペシャル(笑)!?

ラインアイの角度やフックなどのバランスをさらに突き詰め、より高みへ到達したスイミングショットNEO。チェックしてみてください。

カラーは6色

カラーは6色。濁りにグリパン、ささ濁りに強いセクシーシャッドやウォーターメロン、もちろんクリアにも対応するカラーなど、使いやすいカラーラインナップがそろっているのもうれしいところ!

ウエイトラインナップは 1/4oz・ 3/8oz ・1/2ozが先行して登場。

発売予定は、2022年2月を予定。

ちなみに、5/8ozと1ozの追加のウエイトも予定しているそうです。

 

ウォーターメロン

シルバーシャッド

 

セクシーシャッド

アユ

グリパンブルー

エレクトリックシャッド

 

 

希望本体価格550円(税別)。

ラグゼ公式スイミングショットネオ詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。