ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

身近なルアー釣りを始めるのに最適なロッド「ベイミクスSSD」

2022年が幕開けとなりました。

初釣りを済ませた方もいるでしょう。まだの方もいるでしょう。
そして、今年から釣りでも始めてみようかな…なんてありがた~い方たちも、たくさんいるとウレしいです。

さて、そんな中で「身近な海のルアー釣りを始めてみたい」なんて人にピッタリなロッドが、テイルウォークの「BAY MIXX SSD(ベイミクスSSD)」

ベイミクスSSDは「様々なロケーションで、様々なシチュエーションで、海辺の余暇を最大限楽しむためのロッド」というコンセプト。

 

誤解を恐れずにいえば、全5機種の1本1本が身近なルアー釣りを一通りこなせちゃうロッドシリーズなのです。

堤防、釣り公園、ちょっとした河口…。例えば、まだ何を釣りたいかも分からない…なんて方にも広く対応してくれます。

特徴的なのが、シリーズ統一で軽量ルアーもしっかり背負って投げられるキャストフィールと、「ルアーを動かしている感」が伝わるミディアムファストアクション。
投げてはシャキっと、魚を掛けては美しい曲がりで、使っていて楽しい。

あとは、レングスと対応ルアーウエイト。基本的にいずれも結構対応ルアーウエイトが幅広く、それが1本でなんでもこなせちゃう系といわれる所以なのですが、そうはいっても得意な釣りがそれぞれにあります。

特徴

ベイミクスSSDでは用途に合わせて5機種がラインナップされています。

堤防や河口・磯など身近なフィールドでの使用を前提に、軽量なルアーを扱える仕様となっています。

ガイドに関しても、ナイロン、フロロカーボン、PEのそれぞれのラインに適応した富士工業のシングルフットガイドを搭載。

ティップからベリー部にはKTSG&KBSG、バット部にはKLSGを配置。

軽量化と併せてスムーズなベンディングカーブをアシストする設計になっています。

各機種のワンポイント
全5機種はスピニング。
L=ライトアクションはS69L(対応ウエイト3.5~21g)。最も繊細なアクションとなり、特にジグヘッド&ワームなどの近距離戦かつ繊細なバイトを取る釣りにマッチする機種となります。

続いてはMLモデル。

S69ML(対応ウエイト5~24g)、S72ML(5~28g)があり、もうワンランク重いルアーウエイトにマッチ。どちらも遜色ない使い勝手で、あとは長さ。少し飛距離を出したいのであれば72。あるいは取り回し重視なら69など、ご自身の使うフィールドなどによりセレクトしやすい。

そしてMミディアム。S72MとS76M。

こちらは7フィート台である程度しっかり飛距離を出せる、かつ対応ウエイトも7g程度から35、40gという幅。

20~30g程度とよく使いがちなウエイトもドンピシャ。

ジグヘッドやプラグ、マイクロジグ系も投げて操作して掛けられる仕様に。

メバルやカサゴにアジ、サバ、カマス、あるいはハゼなどなど、身近な釣りをルアーで楽しむならベイミクスSSDは超オススメ。

身近なルアーフィッシングを網羅するテイルウォークの新作ロッド「ベイミクスSSD」

テイルウォーク公式ベイミクスSSD詳細ページはこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。