ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サーフの申し子「パワーマスターサンドウォーカー」に待望の超遠投モデルがデビュー

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

天龍のパワーマスター・サンドウォーカーに超遠投モデルが今夏登場予定となっている。

ヒラメ&マゴチのサーフ二大巨頭をはじめ、シーバスや回遊青物系を射程圏内とするサンドウォーカー。

これまでのラインナップとしては、9フィート10インチ( PMS9102S-ML)と10フィート3インチ( PMS1032S-MLM)モデルがあったが…。

追加されるのは待望の11フィート。

パワーマスター・サンドウォーカー PMS1102S-M

これまでのラインナップは、PMS9102S-MLが近・中距離向けの操作性を重視したテクニカルモデル、PMS1032S-MLMは操作性を持たせながらも遠投性をも両立させたバーサタイルセミロングロッドという位置づけ。

そこに追加となるのがPMS1102S-M。これまでのラインナップにはない遠投モデル。

モデル タイプ レングス

( m [ft])

継数 アクション 仕舞寸

(cm)

ルアーウエイト

(g)

ライン適正

lb

/PEライン(号)

ドラグMAX

(kg)

リアグリップレングス

(mm)

ロッドウエイト

(g)

価格
PMS1102S-M スピニング 3.35[11’0″] 2 F 172 Best40

Max60g

MAX25lb 4 435 209 未定

ベストウエイトは40gと表記されているが、60gのメタルジグを難なくフルキャストできる性能となっている。

それくらいのジグウエイトをキャストする上で「安心して振り切れる」という信頼感はメンタル的にも健全になる(笑)。実際、この竿大丈夫かな……と遠慮しながら投げなくてイイのはウレしいところ。

かと思えば20g程度のプラグ類を扱うにも長けている。サンドウォーカーシリーズは圧倒的な粘りも特徴だが、実は思いのほかティップがしなやか。それも必要な分だけしなやかなのである。

ガイドはステンレスフレームSiCリングのKガイド

リールシートやジョイント部には西陣織仕様のカーボンシートももちろん採用

ブランクスはアンサンド仕様で、その性能を活かし軽量化

自らルアーを操作している感がしっかり伝わる、バイトもとらえる。それだけでなく、実はピックアップまであと少し…という場面での波などにバラシを非常に軽減してくれるのだ。

この部分は新機種PMS1102S-Mにも踏襲。それでいて広大なエリア、波が高い中で沖を狙いたい時などに活躍するモデルとなった。

もちろん、サーフだけではなくゴロタ浜や磯場でのシーバスでランカー狙いにもよいだろうし、もうひとつサーモンなど〝海トラウト系(海マスなど)〟にももってこいであろう。

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。