ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【集魚効果バツグン】ハヤブサ「ジャックアイマキマキ」を駆使した沖磯ショアジギング釣行

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

寒くなってきましたが、まだ何とか粘れそうなショアジギング。

気温は低くなったとはいえ、水中はまだ青物が活動できる水温なのか? 釣果が安定している地域もあったり、まだまだ楽しめそうな予感。さてさて、普段ショアジギングに行きたくなるキッカケを作ってくれる、記者お気に入りのYouTubeチャンネルである「HAYABUSA公式チャンネル」。つい最近、磯からのショアジギングを満喫している動画が公開となりましたので、今回はそちらを紹介したいと思います!

 

【冬の沖磯ショアジギング 】誰もが苦しむマイクロベイトパターンでもブレードには好反応!?

出典:YouTubeチャンネル「HAYABUSA公式チャンネル」

今回の舞台は長崎県の沖磯!

九州といえばヒラマサが釣れるエリアでもあるので、狙いはもちろんヒラマサ。どんな釣りを展開していくのかと動画を進めていくと…、

 

タモを忘れるというハプニング! バイトが多くも中々ランディングできず苦戦…。

エリアやルアーの解説を終えたタイミングで待望のヒット!

順調な出だしにも思えたが、まさかの足元で痛恨のバラシ…。今回の釣行で実はネットを忘れるというハプニングもあり、その後何度も魚を掛けるがランディングまで持ち込むことができず、ますますリズムが崩れる展開に。

 

4度目のチャンス! 果たしてキャッチできるのか

3度のバラシで心が壊れそうになりながらも、チャンスを信じてキャスト。

すると4度目のチャンスが訪れます。もう失敗はできない中で慎重なファイトを行い、ようやく1匹目をキャッチすることに成功。見ている方もドキドキ感がハンパない!(笑)。

 

活躍したのはカンタン巻くだけブレードジグ「ジャックアイマキマキ」

今回メインとなったジグはカンタン巻くだけブレードジグでお馴染み「ジャックアイマキマキ」。

 

重さ 税込価格
20 ¥869
30 ¥913

マヅメ濁りスペシャル1号、マヅメ濁りスペシャル2号、¥935

40 ¥957

マヅメ濁りスペシャル1号、マヅメ濁りスペシャル2号、¥979

60 ¥1023

ハヤブサ公式「ジャックアイマキマキ」詳細ページはこちら

 

バラシが多かったとはいえ、これだけ魚を寄せる力があるということは動画をご覧になればお分かりいただけると思います! 操作方法も通したいレンジを決めることさえすれば、タダ巻きでOK。

使い方も簡単、そして良く釣れる。「ジャックアイマキマキ」をぜひ活用していただき、まだまだ楽しめるショアジギングを満喫しちゃってくださいね!

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。