ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ショアからのタックルが活躍する時も】エリアによってはジグ単の釣りも楽しめる!家邊克己が実は手軽なボートアジングを紹介

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

最近も取材やテストでボートに乗る機会が多いです。

簡単に大きなアジを釣ることができ、一度やってみればその楽しさにきっとハマると思います。陸っぱりからは狙えないような大物がバンバン釣れてくれますので。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

ショアからのタックルが活躍する時も! 実はボートアジングでジグ単の釣りが楽しめる

とはいえ、まだまだやったことがないという方が多いのも事実。

やはりボートアジング用のタックルを新たに用意するというのも、1つのハードルになっているのかもしれませんね。しかし、実はボートアジング、場所によっては普段お使いのタックルでいつもの釣り方「ジグ単の釣り」が成立します。

 

ARメソッドはボートアジングでの釣り方ですが、20~30mぐらいの浅場であればジグ単を使用したボートアジングも楽しむことができます。ロッドもショア用で全く問題なし。詳しくは以下の動画でボートアジングでのジグ単の釣りを解説しています。良ければぜひご覧になってみてください。

 

その動画がこちら!

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

 

難しいテクニック要らずで楽しめるので、道具がないという理由でボートアジングを諦めている方は一度検討されてみてください。

モチロン、ARメソッドならどんな場所でも対応できますのでオススメです。YouTubeからの僕目線を映したARメソッドの解説動画も公開中ですので、コチラもよろしければ参考にされてみてください。

 

一度ボートに乗ってアジングをされると、きっとハマると思います。ぜひ一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい