ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

迷いの種を吹き飛ばす!ビギナーも安心の「ジギングフック貫」

ジギングにおいて、フックはコダワリどころのひとつ。

フックそのものはもちろん、ジグに応じたアシストラインの長さなど、ジギングの名手と言われる人ほど「ほぉ~なるほど」と思うことが多々あったりします。

逆にいえば、まだ経験の浅い方にとっては迷いの種。

そうした場合、「とりあえずコレで間違いない」というフックがあると助かるもの。

そこで今回ご紹介したいのが、がまかつのフック。

オススメしたいのがジギングフック貫(つらぬき)

ジギングフック貫

「貫」は、バラしにくいフックだと思っています。掛かってからのキープ力に優れた形状をしています。フックポイント、フトコロ、緩やかなカーブは掛けてしまえば大型青物、大型根魚でもしっかりキープしてくれます。

ある程度、オートマチックに滑るようにフッキングして、フッキングしたら逃さない。そんなフック。

出典:ラグゼ公式「ジギングフック貫」詳細ページ

初期掛かり性能を重視した設計ではないものの、オートマチックに掛かってくれるのは利点で、では初期掛かりが悪いのかといわれればそんなこともない。ビギナーにも優しい完成度の高いフックです。

バレにくさは前述の通り優秀で、かつ番手ごとの工夫も見られます。

具体的には3/0以上の番手では、シャンクに平打ち加工が施され強度を上げています。

加えてベンドヒール部分は丸軸部を残しています。これはファイト時に、魚の身肉に食い込んで身切れすることを軽減する狙いがあるからです。

ちなみに1/0・2/0では全体が丸軸。3/0以上の使用と比較すると、1/0・2/0では想定される魚が小さいことが多いという前提のもと。

簡単にいえば、身切れしやすい魚を対象とする番手では、最初から全体が丸軸になっているということです。

とまぁ、長くなってしまいましたが、大型から中・小型まで掛かってからはバラしづらい、そんなフックが「ジギングフック貫」です。

もちろん、より初期貫通性能に特化したフックも多数がまかつからはリリースされています(例えばバーティカルリミットなどはそれにあたるでしょう)。

やればやるほど「このフックは…」ということがリアルに感じられるハズ。

今回ご紹介したフック以外にも、色々チェックしてみてはいかがでしょうか。

入数 希望本体価格(税別)
1/0 8 600円
2/0 8 600円
3/0 7 600円
4/0 5 600円
5/0 5 600円
6/0 4 600円

がまかつ公式「ジギングフック貫」詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。