ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【USSウルトラスリヌケシンカー】村上晴彦のこだわりスギなライトテキサス&ウルトラライトテキサス用シンカーを紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

イッセイから2021年11月上旬に登場し、人気を集めているシンカーなのが「USS」!

ちなみに「USS」っていうのは略語で、正式名称はウルトラスリヌケシンカー!

そうなんです、スリヌケ性能に優れたちょっと特殊形状をしたライトテキサス&ウルトラライトテキサス用に開発されたシンカーなんです!

ちなみに村上さんは以前にもライトテキサス用シンカーとして「SSSスーパースリヌケシンカー」ってのをプロデュースしてましたよね!

今回はある意味、その進化系的なアイテムになっています!

 

USS ウルトラスリヌケシンカー【イッセイ】
0.9g  1.8g  2.6g  3.5g  5g  7g

発売中
2021年10月下旬~11月上旬登場

価格は0.9g  1.8g  2.6gが1パック6個入りで600円税別、  3.5g  5g  7gは1パック5個入りで600円税別

この、ウルトラスリヌケシンカーは障害物に対し、引張られる角度とシンカーの当る角度が緩やかな為ロックしにくく、スリヌケ性能が高くなっているのが特長!

また、部分的に張り出した形状にしてあり、それによってボトムでの接地感が伝わりやすく、感度アップに貢献してくれます!

かなり村上さんのこだわりが詰まったシンカーになっているので、そのこだわりの部分をピックアップしてみます!

USSウルトラスリヌケシンカーの特長

鉛素材のクロームメッキ塗装

素材はタングステンも考えたそうだけど、最終的には鉛素材に!
コスト的な面、あと比重の軽い鉛ゆえのメリット(フォールがおそめ)などを考慮しての選択だそう。

ただ強度を出すためにクロームメッキ塗装が施されています!

パイプを使わず穴を小さく

8角形の多面体に!

 

根掛かりづらい形状!

 

ワームと当たる部分のクボみの深さは最小限に!」

ワームとシンカーの一体感を出すために、ワームとシンカーが当たる部分のクボみをつけてあるんだけど、そのクボみの深さは、シンカーの自重が軽くなりすぎないように最小限にとどめてあります

 

シンカーがバラバラにならずに持ち運べるようにパッケージに入れてある段階で針金でまとめてあります!

以上がUSSの主な特長です!

なお、さらに村上さん本人が動画でUSSを解説してくれている動画もあるのでぜひチェック

【村上的】#124 ライトテキサス最強の武器! / 進化を遂げた「スリヌケ」シンカー【USS(ウルトラスリヌケシンカー)】

出典:YouTubeチャンネル「 issei一誠」

ちなみにUSSに合わせるワームとして村上さんのオススメは以下のワーム

そういえば少し前に村上さんの取材にいった時もダニーのプロトをウルトラライトTXで多用してました!

あと以前は、NDB(根魚玉ブラック)ダニーという仮名がついていましたが、根魚玉以外にも色々使える!ということでNBDという名称を外したとのこと!

 

 

あと、このUSSシンカーのプロト段階のモノはロケでたびたび登場していましたので、こちらもぜひzチェック!

村上晴彦オカッパリLIVE「短時間でデカバス超乱舞の巻」前編

この動画で村上さんがこのシンカーを使ったウルトラライトテキサスでイイ魚を連発させてくれていました!

製品版はウエイトバリエも豊富なので、村上さんお得意の超フィネスなウルトラライトテキサス攻めから、ヘビーカバー撃ちまで、色々と活躍してくれそうです!

issei 一誠 (issei )

魚遊びの天才”村上晴彦をルアーデザイナーに据え、設立された滋賀県を拠点とするルアーメーカー。 その後、村上晴彦の弟子として赤松 健も開発スタッフに加わり、創意工夫満点のルアーを続々と発表中。