ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【新時代の幕開け】スーパー高浮力ワーム「コイケフルキャスト」がアツイ!寒くなる季節に有効な2大パターンを永野総一朗が徹底解説

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

今週は琵琶湖に大きな変化が。

そう、11/23日に寒波が到来。また気温と水温が一段下がり、魚のポジションにも変化がでそうです。ということで、今回は今週まで釣れていたスポットや釣り方、今回の寒波後に予想されるエリアにスポットなどを紹介していこうと思います。

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

 

冷え込んだタイミングには痙攣アクション!

ここ2~3週間、エリアや釣り方に関してはとても安定していて僕がやっていたのは2パターン。「①下物浚渫エリア、穴とウイード間のフラットを狙う、スタッガークローのフリーリグ」。主に痙攣アクションで誘います。

 

特に朝の寒い時間帯や、雨で冷え込んだタイミングで釣っていました。

 

スタッガークロー4in

ハイドアップ公式「スタッガークロー4in」詳細ページはこちら

 

以前も紹介しましたが、痙攣アクションは低水温に強いアクション。バスがボトムでジッとしているようなシチュエーション、人間が寒いと感じるシチュエーションで効果を発揮します。

 

では、この時に使用するタックルが以下の通り。

 

タックルデータ

ロッド:マッカ レッド シグネイチャー(HUMRC-611MHST/RS)【ハイドアップ】

リール:メタニウム XG【シマノ】

ライン:アブソルート MG フロロカーボン(20Lb)【バリバス】

ワーム:スタッガークロー4in(7gフリーリグ)【ハイドアップ】

フック:Nogales フッキングマスター ヘビークラスNogales 本気(マジ)フック REVIVAL5(#3/0)【ノガレス】

 

アクション方法

アクションは叩く→張る→叩く→張るを繰り返し、ワームがビクン! と痙攣しながらボトムを這わせるイメージです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

日中の暖かいタイミングではボトムジャークを

続いて2つ目のパターン、「②日中ポカポカしてきたらバスがボトムから少し浮くイメージ。ここからはボトムジャーク! そしてコイケフルキャストの出番」。

場所は同じ下物浚渫エリアの穴とウイード間の短いフラット、そして下物南(旧六本柱北)のウイードフラットの中にある藻抜けスポット(抜け部分にはリングビアウォーレイ、通称ごはんですよ がいっぱい。)になります。

ボトムジャークはもっぱら「コイケシュリンプマグナム」の2ブロックカット。頭2列以外の毛を全てカット(泣)、左右の首振りを激しくしたものにします。

 

コイケシュリンプマグナム

ハイドアップ公式「コイケシュリンプマグナム」詳細ページはこちら

 

これを2ジャーク5秒ステイでボトムを引いてきます。いわばカバースキャット系。高比重ワームのボトムジャークというやつです。

 

新時代の幕開け! 高浮力のコイケフルキャストがアツイ

そして時代はいよいよ高比重から高浮力へ!

「コイケフルキャスト」を使った10gスルダン。「Nogales スルーダウンショットリーダー」を使ったヘビダンのことです。リーダーはその時々で調整しますが、20cm〜50cmまで使っています。

 

コイケフルキャスト

出典:YouTubeチャンネル「HIDEUP Channel」

 

Nogales スルーダウンショットリーダー

 

コイケフルキャストがスーパー高浮力のため、ワームは宙に浮いています。それを痙攣アクションで使います。コイケが中層でグリンとローリングしながら宙を進んでくる訳ですが、見事にボトムのリングビアを完全回避しながら進んでくるわけです。この破壊性ときたら、これは次回「南湖LOVER VOL.5」を楽しみに待っていてください!

 

使うタックルはボトムジャークと同じロッドで可能です。

 

タックルデータ

ロッド:マッカ レッド シグネイチャー(HUMRC-73HST/RS)【ハイドアップ】

リール:メタニウム XG【シマノ】

ライン:アブソルート MG フロロカーボン(20Lb)【バリバス】

ワーム:コイケフルキャスト【ハイドアップ】

フック:Nogales ワッキーマスター モンスター(#4/0)【ノガレス】

リーダー:Nogales スルーダウンショットリーダー(20cm〜50cm)

シンカー:Nogales TGスリムシンカークイックチェンジャー(10g)

 

これからアツくなりそうなエリアを予想

さて、これからのエリア予想。

南西風が超きつく吹いた23日。水温は14度台から13度へ下がった模様。まだ吹き続けているので12度台への下降もあるでしょう。浚渫エリアでいえば、まずは穴の中が要注意。これまで上がった側にいたので穴に落ちている可能性が大です。

 

さらにバスが動かなくなっていると考えられるため、メタルバイブのご準備もお忘れなく! 穴メタルのシーズンインかもしれません。水温が安定すればまたボトムジャークやフリーリグで食ってくれるかもしれませんね。加えて、各岬の北側や浜大津エリアなど、南西風をブロックするエリアは要チェックです。穴の中と風裏エリアなど。

冷え込みが続きますが、色々考えて初冬の琵琶湖を釣り込んでいきましょう!

 

WEB連載 琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査は隔週 木曜日 配信!

過去の記事もこちらからぜひチェック!