ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【コンパクト/厚さ18mm】ランガンシステムBOXやパンツのポケットにもキッチリ収まる!明邦化学工業「ライトゲームケースJ」を使ってみた

以前、入手した明邦化学工業の「ライトゲームケースJ」。実際に手に取った感想などについては以下の記事でお伝えさせていただきました。

【厚さわずか18mm】コンパクトで超薄いワームケース!明邦化学工業「ライトゲームケースJ」を入手

 

さて! つい先日、アジングへ行く機会があったので、実際に「ライトゲームケースJ」を使ってきました。今回は使用した感想や記者なりの活用術について、少し紹介させていただきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ライトゲームケースJを入手した理由

前回もお伝えしましたが、「ライトゲームケースJ」を入手した理由は、アジングやメバリングをもっと身軽な格好で行いたかったから。これまでパッケージに収納した状態で釣りをしていましたが、ボックス内で幅を取ってしまったり、使いたいワームをスグに取り出せないということが多々あり、数あるワームを1つのケースにまとめたいということで今回、コチラのケースを入手。

ただ、ワームを収納するケースは各メーカーからも色々登場していて、なぜ今回「ライトゲームケースJ」を選んだのか? その理由はコンパクトで厚さがわずか18mmという薄型形状だったから。

身軽な装備で釣りを楽しみたい記者にとっては、ウレシイ機能が詰まりマクリなケースなんです。

 

実際にワームを収納! ケースを持っていざフィールドへ

ライトゲームケースJ」へワームを収納。いざ、釣り場へ連れて行くことに。

VS-7070N」の上段(左端)へ収納することにしました。因みに、中央のケースは同じタイミングで入手した「防水ケースWG-1」。こちらにシンカーなどの小物類やジグヘッドを収納することで、上段だけでアジングとメバリングのリグ&ワームチェンジをすることが可能に。

 

使いたいワームを一目でチェック! ワーム交換がスムーズに

以下の写真のようにワームもキレイに収納。

スタメン候補のワームが丁度収まる収納スペース。小さいワームであればもっと沢山収納できそうです。モチロン、取り出しやすくて使い勝手もイイ感じ。粘らずにサクッと様子を見るだけのポイントでは、ランガン用にジグヘッドをいくつか収納した「スリットフォームケースJ」もジョイントしています。コレをパンツのポケットに仕舞うだけで、手にはロッド1本のみ! こういう使い方を前々からしたかったんです。

 

という感じで、またまた便利なアイテムを入手してしまった記者自身。次々と欲しいアイテムが出てくるので、また何か良さげなアイテムを入手すれば報告させていただきたいと思います!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!