ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ハイピッチ・スローピッチ両対応のマルチスペック!天龍のライトジギングロッド「ホライゾンMJ」

出典:天龍公式「ホライゾンMJ」詳細ページ

天龍から展開中のマルチジギングロッド「ホライゾンMJ」

このホライゾンMJはハイピッチ・スローピッチともに対応可能なマルチジギングロッドになります。

マルチジギングなので、ジグの操作はもちろんですが、仕掛ける楽しさと大物とのスリリングなファイトを楽しめるのがこのホライゾンMJの魅力。

 

ハイピッチが得意なスローピッチジギングロッド

このホライゾンMJの最も魅力的かつ面白さのポイントはジグ操作、つまり様々なジャーキングに対応しているところ。

ハイピッチ・スローピッチともに対応可能なマルチジギングと触れましたが、もともとベースはスロージギングに特化したホライゾンSL。

スロー系のジギングロッドをベースにハイピッチにも対応できるよう、レングスを5フィート10インチとショートにし、太いラインが使えるようガイド径も大きくしています。

つまり、スローピッチ系のジギングながらハイピッチアクションも得意なロッドというワケです。

もちろん、付け焼き刃のスペックではなく、ハイピッチアクションもレングスをショートにし、ティップの戻りを早くすることで機敏にジグ操作が可能。

ガイド径もホライゾンSLから大きくしたことで、より太いラインが使用できるようになっています。

従来、スローピッチは感度が優先されるので、それに合わせてガイド径も小さく、ラインも細めが使用されていました。

今回のMJではマルチモデルということもあり、より大物がかかったときでも対応できるようになっています。

また、大物とのファイトシーンでも、ストレート・ポンピングに対応したフロントグリップの形状を採用しています。

仮に、ロッドが曲げられないような大物がかかっても、ストレート・ポンピングで引き寄せるといったことも可能になっています。

 

ブランクスにはC・N・Tが採用

ブランクスにはもちろん、お馴染みのテクノロジー、「C・N・T(カーボンナノチューブ)」が採用されています。

ブランクス自体は細身の設計ですが、C・N・Tがあることで驚異的なネバリを発揮してくれるので、しっかりと魚を浮き上がらせてくれるパワーが備わっています。

 

自在なアクションの変化で魚を誘うことができるマルチな性能!

ホライゾンMJは解説してきたように、ハイピッチ・スローピッチどちらでも使いこなすことができるモデル。

アングラーの操作一つで自在に切り替えができるので、ハイピッチで魚にスイッチを入れて、スローピッチで喰わせるといった誘い方も可能です。

潮流が緩く活性が低いときにはスローピッチで誘いつつ、ジグを左右に飛ばしてバイトを誘ったりと思い描いた操作で魚をかけることができます!

つまり、アングラーが思い描いたアクションを自在にできるため、掛ける楽しさが味わえるロッドになっています。

やはり、自分が狙ったアクション・操作で釣れた魚は格別な思い出になるというもの。

このホライゾンMJはそう言った釣り本来の楽しさも味わえるロッドになっています!

 

ホライゾンMJスペック

モデル レングス(m[ft]) 継数 ルアーウエイト(g) ライン(PE/号) ドラグMAX(kg/角度0°) リアグリップ(mm) 先径(mm) ロッドウエイト(g) カーボン/グラス(%) 本体希望価格

(税抜き)

HMJ5101B-L 1.78[5’10”] 1 High60-120g
Slow100-250g
MAX2 MAX3/0° 405 1.9 110 91/9 ¥35,000
HMJ5101B-ML 1.78[5’10”] 1 High80-150g
Slow120-300g
MAX2 MAX3/0° 405 2.1 115 92/8 ¥35,500
HMJ5101B-M 1.78[5’10”] 1 High100-180g
Slow150-350g
MAX2.5 MAX4/0° 405 2.3 120 92/8 ¥36,000
HMJ5101B-MH 1.78[5’10”] 1 High120-200g
Slow180-400g
MAX3 MAX5/0° 405 2.5 126 93/7 ¥36,500
HMJ5101B-H 1.78[5’10”] 1 High150-250g
Slow200-450g
MAX3 MAX5/0° 405 2.7 131 93/7 ¥37,000

 

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。