ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【糸クズやラインの切れ端をスムーズに回収】コンパクト形状で邪魔にもならない!第一精工「切れ端×糸クズワインダー」2種に注目

ルアーやリグをセットする時。

ライントラブルが起こった時。

不要なラインに切れ端、いつもどうされていますか? 近くにゴミ箱があれば捨てることができますが、釣り場にゴミ箱が無いことも多いですよね。だからといって、タックルボックスやバッグのポケットに仕舞うと、今度は家に帰ってから取り出すことが面倒。

そんな時、サッと不要なラインや切れ端を回収できてスムーズに廃棄できる、邪魔にならない携帯ゴミ箱があると便利だと思いませんか?

 

切れ端×糸クズワインダー【第一精工】

さて、今回紹介するのは第一精工の「切れ端×糸クズワインダー」。

オリジナルの「切れ端×糸クズワインダー」とサイズアップモデルの「切れ端×糸クズワインダー XL」の2モデルがラインナップ。

それぞれ容量が異なるので、陸っぱりでは持ち運びやすいオリジナルモデル、オフショアゲームでは大容量のサイズアップモデルを使用、といった使い分けがオススメ!

品名 サイズ 重量 素材 税込価格
切れ端×糸クズワインダー 73x20mm 24g PP(ポリプロピレン) ¥550
切れ端×糸クズワインダー XL 85×35mm 44g PP(ポリプロピレン) ¥770

第一精工公式「切れ端×糸クズワインダー/切れ端×糸クズワインダー XL」詳細ページ

 

用途は両サイズ共に同じ

使い方や特長などは両サイズ同様。

本体の回転シャッターを開けて切れ端や糸クズを入れ、ワインダーを親指で矢印方向に回すだけでスムーズに糸クズをケースに回収できます。全て回収すれば回転シャッターを閉じるのみ。

写真は切れ端×糸クズワインダーです

 

そして、収納した糸クズを破棄する場合はワンタッチで簡単に廃棄することができます。

 

使用手順

①回転シャッターを開ける。切れ端・糸クズ(輪状に短くまとめる)を入れる。

②ワインダーを親指で矢印方向に回し、糸クズなどをケースに回収。回転シャッターを閉める。

 

③糸クズ等の廃棄は図の「ココを押す」をプッシュ、蓋を開けて糸クズをつまみ出して廃棄。

 

実際に回収するとこんな感じ!

 

写真は切れ端×糸クズワインダーです

 

カラーは3色展開

カラーは両モデル共に「ブラック」、「フォリッジグリーン」、「ダークアース」の3色展開! 服装やバッグなどにマッチする、お好きなカラーをお選びください!

 

ブラック

 

フォリッジグリーン

 

ダークアース

 

以上、切れ端×糸クズワインダー2モデルを紹介しました。釣りをしているとどうしても出てくる糸クズ。持っていると思っている以上に便利ですので、ぜひ試してみてくださいね!

 

紹介動画も参考に!

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

 

出典:YouTubeチャンネル「DaiichiSeikoOfficial」

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。