ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【魚種不問】ジャッカル「ビッグバッカー ワグシャッド」!一宮安幸が魚種ごとの狙い方を徹底解説

連載:ジャッカルソルト
寄稿:一宮 安幸

こんにちは! 大分の一宮です。

秋も深まって様々なターゲットが狙えるシーズンになってきました。ジャッカルからも様々なアイテムがリリースされる中、あれもこれも狙いたいという欲張りな方にオススメなアイテムを今回はご紹介!

一宮 安幸 (Yasuyuki Ichimiya) プロフィール

大分県をホームグラウンドに、旬なSWターゲットを求めて日夜、釣り歩き中! アジ、メバル、カマス、シーバス、カサゴ、グルーパー、アオリイカなどなど、身近なターゲットの釣りが大好き!

 

魚種不問の何でも屋! 「ビッグバッカー ワグシャッド」

そのルアーとは、ビックバッカーシリーズにラインナップされている「ビッグバッカー ワグシャッド」になります。

ジャッカル公式「ビッグバッカー ワグシャッド」詳細ページはこちら

 

すでにルアーニュースRにて「ビッグバッカー ワグシャッド」の性能について解説した紹介記事がアップされていますが、魚種不問のキャッチコピー通り、色んな魚をキャッチすることができています。

今回は、魚種別に「ビッグバッカー ワグシャッド」をどうアプローチするのかについて紹介したいと思います!

 

「ビッグバッカー ワグシャッド」を使った魚種ごとの狙い方

まずは! ロックフィッシュの狙い方について。

キジハタやカサゴをキャッチした時の模様を紹介します。写真でも解るように、アイはセカンドアイに接続しています。

 

いわゆる深場を意識したアプローチになります。写真の魚がヒットしたフィールドの特徴は水深のある沖堤防。

ボトムをジックリ探っていました。「ビッグバッカー ワグシャッド」をまずは着底させ、ボトムを少し切ってから、スローリトリーブで探ります。

堤防基礎の敷石の駆け上がり付近でドンッときました。シッカリした水平姿勢で意識したレンジを探れるので、急なブレイクでも、手元に感覚が伝わるので操作が非常にやりやすかったです。

 

マゴチをはじめとしたフラットフィッシュの狙い方!

次はマゴチ、こちらも水深のある堤防でキャッチすることができました。フィールドはボトムが完全に砂地で、フラットフィッシュが住みやすい環境。

 

どう操作したのかを説明すると、今度はボトムバンピングになります。ロッドを何度も煽り、ボトムを叩いて砂煙を起こして、逆向きシャッドテールの波動で周囲の魚に存在を知らしめるアプローチをしていきました。

 

チヌ(クロダイ)の狙い方!

最後はチヌの狙い方について。

写真のチヌは水門の流れ込みに居着いていた個体。本当は水門に寄っていた小魚を狙ったシーバスのボイル撃ちをしていたのですが、ヒットしたのはこちらでした(笑)。

表層をファーストリトリーブで、ボイルしていた箇所に突っ込ませるとヒット。

 

様々なアプローチで、様々な魚種を攻略できる「ビッグバッカー ワグシャッド」。ぜひお試しください!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!