ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【秋イカ】ゆっくり大きく動かすことが重要!ハヤブサ橋本翔大による「スクイッドジャンキーライブリーダート」を駆使した地磯攻略

 

皆さんこんにちは! ハヤブサスタッフの橋本翔大です!

秋も本番を迎え、エギングのハイシーズンがやってきました! 今回紹介する内容は日本海の地磯エギング! つい先日イイ釣りができましたので、その釣行を振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

 秋の日本海はエギング最盛期! 「スクイッドジャンキーライブリーダート」3号が秋イカ攻略にベスト

この日は地磯でも初めて訪れる場所。ポイントに入るまで先行者がいたので、釣り場は墨まみれです。

釣れていることは確かではありますが、叩かれた後なので不安が募ります。まずは「スクイッドジャンキーライブリーダート」(3号)(UVセクシーピーチ)をチョイス。

重さ カラー 税込価格
2.5 1 20色 ¥748
3 1 ¥770
3.5 1 ¥792

ハヤブサ公式「スクイッドジャンキーライブリーダート」詳細ページはこちら

 

UVセクシーピーチ

 

全体的にシャロー、シモリなどの障害物が多いエリアなので、「スクイッドジャンキーライブリーダート」(3号)のスローフォールを活かして、岩陰などのイカが潜んでいそうなコースを丁寧にトレースします。

秋イカは磯場のシャローに多く生息しており、「スクイッドジャンキーライブリーダート」(3号)は沈下速度が他のエギと比べて遅く、特にこういったシャローエリアで効力を発揮します。

そして、なんといっても「スクイッドジャンキーライブリーダート」の最大の特長である「ライブリーアクション」。大きくヒラ打ちしながらゆっくりと沈んでいく様子は、まるで弱った小魚さながら。この超リアルなアクションが、スレたイカにもスイッチを入れることが可能です。

 

 カラーチェンジで連続ヒット!「コントラストマジック」が炸裂!

中々アタリがでず、カラーを「コントラストマジック」に変更。このカラーはフィールド問わず実績の高い最強カラーです。

 

コントラストマジックに変えて数投後、シモリ付近のボトムを丁寧に探ると待望のヒット。この時期にしては中々の引き。グッドサイズです。

 

少し沖目にキャストし、ブレイクが絡むボトム付近までフォールさせていると、またしてもヒット! 今回は一度もシャクらず抱いてきました。フォール姿勢の安定度、スローフォールが効いた証拠ですね。

こちらもカラーはコントラストマジック。今のところどのフィールドでも必ずといってイイほど釣果を出している、「スクイッドジャンキーライブリーダート」の中でも最強カラーの1つです。

 

ライブリーダートの動かし方はとにかく「ゆっくり 大きく」が基本!

スクイッドジャンキーライブリーダート」の「ライブリーアクション」を最大限生み出すには、「ゆっくり 大きく」動かすことが重要です。

あまり速く動かしすぎると、アクションを上手く引き出すことができないので、シャクリとシャクリの間にしっかり「間」を置くことが大切です。

 

これから季節が進むにつれて、イカのサイズもどんどん大きくなってきます。秋のハイシーズンはぜひ「スクイッドジャンキーライブリーダート」(3号)でエギングを楽しんでみてください。

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。