ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【防寒対策】どれだけ薄着で寒さを凌ぐか

まもなく寒い冬が訪れます。

あーさむっ、て言いながら釣りをする、辛いですよね。でも、記者は意外と寒さに強く厚着が苦手…。身軽に動けなくなるし、肩も凝ってしまいます。また、着脱が面倒だというのも、厚着をしない理由…。

毎年「どれだけ薄着で寒さを凌ぐか」が課題な訳です。

そこで、参考になるかはわかりませんが、記者なりの薄着コーデをご紹介。

 

寒さに慣れた体を作る

のっけから本末転倒ではありますが、薄着をしていて全く寒くないかと言われると、そりゃ「寒い」。

だからこそ、「寒さに慣れた体を作る」ことが大切だと思っていて、私生活でも薄着を意識しています。12月に入っても外を出歩く際は、トレーナー1枚の上からジャケットを羽織るだけの2枚コーデ、パンツはあえてインナーを着用せず、基本はスキニー1枚。1月や2月の厳冬期にやっとヒートテックを追加するかしないか…程度。

 

モチベーションを上げるため、エネルギーになりそうな食べ物を食す

後は気持ちの問題かもしれませんが、エネルギーになる食べ物を食べることで体内で熱が生まれ寒さを凌げる…気が。

厳冬期は特に肉やニンニクを食べることが多いです。

 

日頃から薄着をすることで、それが基準になる。そして寒さに慣れる。加えて体内で熱になりそうな高エネルギーの食べ物を食す。

これらを薄着コーデを極めるため、普段から意識するようにしています。

 

記者の薄着コーデ

それでは、日頃から寒さに慣れている記者の薄着コーデです。

参考までに記者が釣りをしているエリアは大阪や和歌山県、兵庫県周辺の都市近郊の漁港や堤防の陸っぱりで平均気温は5℃~10℃くらい。

 

ベースレイヤーにはヒートテックを

まずベースレイヤー(インナー)には薄くて暖かいヒートテック。

寒さによってインナー枚数を調整しているんですが、コレが薄着でいられる大きなポイント。

具体的には、気温が10℃くらいであればヒートテックは上下1枚ずつ。それより気温が下回り、5℃台になったり、それより下回ると2枚、3枚と重ね着。ミドル、アウターレイヤーの枚数は大きく変えません。

 

ミドルレイヤーにはレインウエア

インナーの上に直でレインウエア。コレも結構重要なポイントだと思っていて。

レインウエアを着用することで、トレーナーやロンTを着用するより薄着をキープでき、もちろん風も通しにくい。合わせて空気の層も作れるので、体内に伝わる寒さが大違い。足元が冷える場合はパンツもレインウエアにしています。

 

アウターレイヤーにはマウンテンパーカーを

レインウエアの上にはマウンテンパーカーを着用。これがアウターレイヤーになります。

寒さによって1枚着用するか2枚着用するかを決めるんですが。気温が10℃くらいの場合、こちらのマウンテンパーカーを1枚着用。

サイズは中に服を着込むことを想定してLサイズ

こちらはコロンビアのジャケットなんですが、裏地にはピカピカの「オムニヒート」と呼ばれる暖かい、コロンビアが独自に開発した保温テクノロジーを採用した素材を採用。

ちなみにコロンビアの「オムニヒート」は色々グレードがあるので、目的に合わせて選べるのも良いところ。

 

また、気温がホームエリアでは最も下の5℃台になった場合、上記ジャケットの下に2枚目のミドルレイヤーとしてこちらのマウンテンパーカーを着用。中に着ることを考慮して、こちらはMサイズ。

サイズを意識することで、シルエットもスッキリするし、いい具合に空気の層ができてるんじゃないかと。

 

寒さに強い or とにかく薄着が良い人に

といった感じで、冬の釣りを楽しんでいます。

ちなみに、今回紹介したコーディネートで2度の気温の中、リザーバーで行うロケも何とか耐え抜くことができました。さすがにあまりにも寒いときは、腹部と背中に貼るカイロを忍ばせています。

とはいえ、紹介した防寒術はあくまで寒さに強い記者の例。

寒さに弱かったり、極寒エリアがホームになる方は、実際に釣りに行く際はフィールドの気温に応じた防寒アイテムを活用して、冬の釣りを楽しみましょ~!