ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍のライトジギングロッド「ホライゾンLJ」!ライトゲームの限界に挑むチャレンジモデル2機種をピックアップ!

 

出典:天龍公式ホライゾンLJ詳細ページ

天龍から展開されているライトジギングロッド、「ホライゾンLJ」

ライトジギングは狙える魚種も豊富で、通年で楽しめる釣り。

タックルやジグも比較的ライトで女性やお子さんでも楽しむことができ、オフショア入門にも最適なジャンルの一つです。

そのうえゲーム性も非常に高く、近年では細分化が進み様々なスタイルが確立され、ビギナーの方以外でも中級者以上のベテランの方もハマる奥深さも備わっています。

そんなライトジギングをより深いレベルで楽しむことができるのロッドがこの「ホライゾンLJ」。

オフショアのライトゲーム全般をカバーし、さらにスーパーライトジギング・近海ライトジギング・チャレンジモデルの3タイプで展開されており、それぞれのスタイルで楽しむことができます。

今回はよりベテラン向けのシリーズ、チャレンジモデルについて紹介していきます。

 

SLJ(スーパーライトジギング)に特化した機種の紹介はこちら

SLJ(スーパーライトジギング)に特化した天龍の「ホライゾンLJ」の3機種をピックアップ!

近海ライトジギングの紹介記事はこちら

天龍から展開中のオフショアライトゲームロッド「ホライゾンLJ」近海ライトジギングモデルをピックアップして紹介!

チャレンジモデル用の機種は2種類

ホライゾンLJで主にチャレンジモデル用にラインナップされている機種は2種類。

・クラスを超えたチャレンジモデルHLJ611S-FM

・ライトタックルチャレンジモデルHLJ621S-FML

になります。

両機種ともにスピニングモデルで、水深100m前後のエリアまで対応し、ライトラインで大物へチャレンジするアングラーに向けたロッドになります!

今シリーズも価格帯は3万円中盤となっているので、ライトラインでより大物へ挑むテクニカルなゲーム・感度を求めるアングラーにオススメのロッドとなります!

ライトラインに合わせた各ブランク設計

このホライゾンLJのチャレンジモデルはライトラインの使用が前提になります。

また狙う魚も大型になるため、それに負けないブランクパワーが求められます。

ライトライン操作に合わせてガイドはKガイド (ステンレスフレーム・SiC)を採用。

このチャレンジモデルでは2号以下の細いライン(0.8~1.5号など)の使用を前提にしています。

ラインのすり抜けもよく、それでいて摩擦を軽減させてあるのですり減りや負荷が少ない設計になっています。

ブランクに関しては天龍のお馴染みのテクノロジー、C・N・Tが採用

バット部にはテンリュウお馴染みのテクノロジー、『C・N・T 』をコンポジット。

ロッドを軽量化しつつも、驚異的なネバリ強さを併せ持ち、これ以上は…の限界のところでもトルク力を発揮してくれます!

ジグの操作をより繊細にするマグナフレックス製法グラスフレックスを採用

このホライゾンLJではティップはティップ部がグラス素材となっているマグナフレックス製法グラスフレックスを採用しています。

マグナフレックス製法とはグラスとカーボン、弾性率が違うカーボン同士を焼形した段階で1本のブランクとして作製する技術製法で、グラスフレックスはグラスセクションとカーボンセクションのつなぎ目を排しチューブラー状に加工するもの。

従来のロッドにおいてはティップを極端にソフトにする場合、ソリッド素材をチューブラー素材に繋いでいましたが、この製法を活用することで全てチューブラー状に出来るため軽量化にもなるとのこと。

また「ホライゾンLJ」では機種別にティップを変化させています。

シーバスやハタなどは吸い込み系のバイトが多く、ソフトなティップで飲み込ませるのがよく、タチウオなど噛み付き系のバイトには、やや強めのティップで掛けていけるなどそれぞれのシチュエーションに応じた設計です。

また、長めのグラスチューブラーティップにより、小さなバイトも逃がさないソフトなティップと高い操作性を有しています。

テクノロジーの詳細はこちらの動画をチェック

各機種のスペック

モデル タイプ レングス

( m [ft])

アクション ルアーウエイト(g) ベストウエイト(g) ライン(lb/PE) ドラグ Max

(kg)

リアグリップレングス(mm) 先径

(mm)

ロッドウエイト(g) 希望小売価格(税抜き)
HLJ611S-FM スピニング 1.86[6’1″] R MAX200 150 MAX20lb/0.8-1.5号 3 450 1.9 127 ¥33,000
 HLJ621S-FML スピニング 1.88[6’2″] R MAX150 100 MAX206lb/0.8-1.5号 3 450 1.8 123 ¥33,000
クラスを超えたチャレンジモデルHLJ611S-FM

水深100m前後のエリアで、100~150gまでのジグを軽快に操作が可能。

早いピッチでの回遊魚狙いに最適なアクションで、ソフトなティップはジャーク後のポーズ時に魚信を逃し難く、細身で粘るバットパワーでアングラーをアシストします。

ライトタックル・チャレンジモデルHLJ621S-FML

水深100m前後のエリアで、100g前後のジグを中心に最大150gまで操作可能。

ベイトタイプと同じ細身ながらシャープな操作感を持たせ、スピード感のある早いピッチでの回遊魚狙いから、誘い上げでのネギングスタイルまで対応します。

 

天龍公式ホライゾンLJ詳細ページはこちら

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。