ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リーダー切らずにシンカー脱着】チキュー氏の自作リグがナイスな件

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」

日頃から何かとリグ研究に余念の無い、INX横浜フィールドインストラクターの「知久 正二三」氏がまたまたナイスなリグを考案しました。

その名も【チキュー式シンカーチェンジャーリリーサー】

 

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

 

画期的な新リグ誕生!チキュー式シンカーチェンジャーリリーサー

これね、僕も見たときに思わずおおっ!と声が出ましたよ。

何が素晴らしいかというと、フリリグの難点である「シンカー交換」がリーダーを切らずにワンタッチでできるトコロ。そして自作に掛かる費用もとても安価に済み、おまけにこのシステムなら使うシンカーも安いナスオモリやホゴオモリなどで充分というオマケ付きの優れモノ(笑)。

フリリグ用のシンカーは、各社から様々出ていて、シンカー上部にローリングスイベルなどが着けられていたり、リーダーのスベリが良いリングがあったりと随分使い勝手は良くはなってきたものの、いずれも最大の難点はシンカーウエイトを調整したい時、リーダーを切らねばならない点。

コレ、現場では結構なストレス。僕らのように港湾部をランガンする際、ジグヘッドに結び変えたりメタルジグに変えたりプラグを結んだりと状況に応じて頻繁にリグチェンジするアングラーは、度々リーダーをカットするというのは半ば苦痛でもあります。

僕なんかそれが嫌でスナップ開くだけで交換出来るリグしか使いたくなく、フリリグが結果を出しやすい事がハッキリしている場面ですら、敬遠してジグのまま通したりするくらいで。

という事でまず完成形の写真です。

 

ふところ側にビニールパイプを通したスナップを作って、元来ラインを結ぶ側に重りをセットしておきます。

そしていざ「フリリグで」という時には普通にスナップを開いてリーダーへセット。重さを変えたい時も同様にリーダーを切ることなくワンタッチ

 

このシステムは何より「リグをジグヘッドなどに替えたい時」などリーダーに邪魔になるものが何も残らないというところが素晴らしい。これこそリアルなシンカーチェンジャーですよ。

 

シンカーのスタックのことも考えて強すぎないスナップ選びを

そしてココも重要「リリーサー」のギミック。

 

スナップアイの「鍵穴形状」の絞ってある部分を、スプリットリングプライヤーなどで潰し、角度をゆるくして広げておくのです。そして、先端を浅い角度にする。

これをすることで、フリリグが根掛かりする一番の原因となっている「シンカースタック」の際にスナップを伸ばしてシンカーと一緒に脱落させることができるのです。

したがって、強すぎないなどスナップ銘柄のチョイスも重要。他に必要な材料も下記の通りです。

 

材料

・絡み止めパイプ/東邦産業カラミ止めパイプ0.6mm超!ケイムラ

・ビーズ玉(ハードタイプ)/ささめ針P-304道具屋徳用 夜光玉ハード4

・スナップ/タックルベリーオリジナルスナップ#0

画期的なチキュー式シンカーチェンジャーリリーサー、気になる方はぜひお試しあれ。

知久 正二三(Masafumi Chikyu) プロフィール

大手OA機器メーカーに勤務し、同社の生命線ともなる数々のシステム特許をモノにしてきたスーパーIT エンジニア。 東京湾を軸にショアもオフショアもこなすベテランアングラー。毎年アオリイカ、メバル、カサゴなどを対象とした「野島沖堤防ライトゲーム教室」を開催して毎回参加定員をオーバーするほどの人気を博している。