ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ヒットシーン多数】小森嗣彦プロ監修のゲーリーヤマモトの新作ワーム「3.5”ヤマミミズ」の実釣動画公開中!

小森嗣彦プロが監修を務めるゲーリーヤマモトの新作ワーム、「3.5”ヤマミミズ」。

先日、小森プロによる実釣&解説動画が公開されました。

小森 嗣彦(Tsuguhiko Komori ) プロフィール

JBのトーナメンターとして、同協会の最高峰TOP50プロシリーズを戦うトーナメントプロ。年間チャンピオン3回(最多)TOP50優勝6回(最多)2008年にはJBスーパーバスクラシックを制覇、2012、2018にはBasserAllstarClassicを制している。シーズンの合間には琵琶湖、桧原湖、北浦、亀山ダムでガイドも行っている。論理的考え方でバスフィッシングとトーナメントを攻略する。1974年生まれ兵庫県神戸市出身、千葉県在住。

 

【小森嗣彦の実釣解説】ゲーリーヤマモトの注目のNEWワーム「3.5″ヤマミミズ」のすべて!

 

千葉県・片倉ダムを舞台に、「3.5”ヤマミミズ」を駆使して、次々にバスをゲット。

小森プロ曰く、片倉ダムには約4年ぶりに来たとのことで、手探りの状態からスタートしていきます。

ブランクはありながらも、最終的に40UPを含む10匹以上を釣るという結果となりました。

 

 

ちなみに、帰着後ボート屋さんに釣果を聞いたところ、他の方は3~4匹釣れたのが最高のトコロで、小森プロは、この日一番の釣果となりました。

なぜ、ヤマミミズが釣れるのか、今回の動画はそこがとても良く分かる内容となっています。

 

ノンテーパーストレートワーム×超生命体マテリアル=3.5”ヤマミミズ

 

3.5”ヤマミミズは一見するとテーパーのない、頭からテールまでの太さを同じにした「ノンテーパーデザイン」のストレートワーム。

実はこのノンテーパーデザインこそ、「3.5”ヤマミミズ」の最大の個性でもあります!

テーパーの太さに変化を持たせないことでセンターにフックをセットした際、両端が同じ波動を生み、超食わせ力のあるロールアクションを演出します!

素材もゲーリーヤマモトの「超生命体マテリアル」が採用されているので、口を使いたがらないバスには超効果的!

なかでも注目のアクションはネコリグによるストローシェイク!

このストローシェイクとは一箇所でルアーを止めて、シンカーを付けたままボディ全体で水を揺らす、小森プロイチオシの食わせアクション!

ボトムに立って揺れるシルエットがストローのように見えることから命名したとのこと。

動画内でもストローシェイクの水中動画や、アクションの際のコツなどが公開されているので、あわせてチェックしてみてください

立ち木エリアで無双したユルフワ系ダウンショット

今回の動画内でも最も釣果を上げたのがワッキー掛けによる”ユルフワ系ダウンショット”

先日の記事でも紹介しましたが、このユルフワ系ダウンショットは漂わせながら横方向に誘うのが基本のアクション。

バスがいるところで誘うのではなく、バスをルアーに寄せて口を使わせることができる反則級のリグになります。

バスを寄せる力も強いので、立ち木など根掛かりが多いポイントでも効果的!

立ち木エリアを中心にこの”ユルフワ系ダウンショット”で無双するシーンは必見です!

近日リグセッティングシーンや誕生秘話の動画も公開予定


近日、ヤマミミズのリグを解説した動画や誕生秘話の動画も公開予定!

また、動画未公開のノーシンカーアクションの解説記事も近日公開予定となります。

お楽しみに!

 

ヤマミミズは動画を見ても分かるように、難しいテクニックも不要で「誰でも簡単にできるワーム」に仕上がっています!

ぜひこれからのシーズンにこの「3.5”ヤマミミズ」使用しみてはいかがでしょうか?

ゲーリーインターナショナル公式「ヤマミミズ3.5in」詳細ページはこちら

 

ゲーリーインターナショナル (Gary International)

トップアングラーとして知られる河辺裕和が代表をつとめる米国・アリゾナ州に本社を置くゲーリーヤマモトカスタムベイツの日本支社。ゲーリーグラブやカットテールワーム、ヤマセンコーなど超ロングラン人気を誇るGaryYAMAMOTOワームなどを中心に扱っているほか、YABIA BRANDなどで独自のアイテムも人気を集めている。