ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボックスやロッドスタンドなど】様々な箇所に装着できる超便利アイテム!明邦化学工業のオプションパーツ「ルアーホルダーBM」

カスタム心がくすぐられる明邦化学工業のオプションパーツ。

バケットマウスシリーズやランガンシステムBOXに、色々装着できて楽しいですよね!

出典:明邦化学工業公式ルアーホルダーBM詳細ページ

 

さて! 今回紹介するアイテムは記者が普段から愛用中のオプションパーツ「ルアーホルダーBM」。シンプルな形状をしているオプションパーツですが、便利機能がカナリ詰まっているので、早速魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

多目的ホルダーをはじめ、様々な箇所に装着できる優れモノ! 「ルアーホルダーBM」

 

ルアーホルダーBM」の最大の特長は、使用頻度の高いジグやプラグを仮置きすることができるトコロ! 取り付け場所も多目的ホルダーに限らず、様々なトコロに装着可能。

例えば上の写真のように「ロッドスタンド(BM-300 Light/BM-250 Light)」へ付属のベルトを引っ掛けると、ジグやプラグがロッドにセットされた状態でも、収納することができます。ポイント移動時も重宝しそうですね。

 

オフショアゲームでは必要不可欠!バケットマウスシリーズやランガンシステムBOXが無くても活躍

さらに! オフショアの釣りでもカナリ需要があり、船に常備されているホルダーに同じくベルトを巻き付けることで、以下のようにラクラクセット。

こうすることで、ルアーをガイドに引っ掛けている時よりもスムーズに釣りがスタートできるので、ターゲットと出会う確率も上がったり…。とにかく、手返しアップと共に、装着方法もメチャ簡単。1つあるとカナリ出番が多いと思いますよ!

 

ベルトの長さも余裕があるように設定。船に備え付けられている太めのロッドホルダーにも問題なく装着できそう…。

 

本体後ろ側のフックも活躍する場面アリ!

本体後ろのフックが活躍する場面もカナリ多いですよ。元々、多目的ホルダーやその他オプションパーツに引っ掛けるためのフックではありますが、以下の写真のように船べり取り付けることもできます。

 

ルアーだけに限らず小物類収納も◎

 

ルアーホルダーとしての使用が前提ではありますが、他にもペンチやプライヤー、ハサミなど「とりあえず」の収納にも最適!

乗合船などでスペースが少ない場合でも、度々ボックスから小物類を出してこなくても「ルアーホルダーBM」に収納しておくだけで釣りの効率がアップするように思えませんか?

一度使ったプライヤーやフィッシュグリップを戻すと手入れが面倒なのでは?」って思う方も居ると思いますが大丈夫! 本体底面にメッシュ状の穴が施されているので水洗いもやり易いですよ!

 

価格も¥660(税込)で超お手ごろ! 試してみては。

ルアーホルダーBM」は価格もリーズナブルで税込価格¥660。ロッドホルダーに合わせていくつか持っておくのもアリですね。

 

[装着可能商品]

BM-9000・BM-7000・BM-5000・VS-7080・VS-7080N・VS-7070・VS-7070N・VS-7055・VS-7055N・VW-2070・VW-2055・サイドポケットBM-120

明邦化学工業公式ルアーホルダーBM詳細ページはこちら

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!