ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

数も型も狙い時! ボートエギング爆乗りレポート【和歌山県田辺・サウスカレント】

寄稿:青木将晴

青木 将晴(Takaharu Aoki) プロフィール

紀伊半島をホームグラウンドとし、フィールドワークを繰り返すオカッパリエギングのスペシャリスト。またオカッパリエギングだけでなく、ティップランやイカメタルなどオフショアでのイカゲームの経験・ノウハウも豊富。愛称は「あおっくん」。ブラックライオン・フィールドテスター、デュエル・エギテスター

BLACK LION青木です。
先日、和歌山県田辺沖のボートエギングに行ってきました!
お世話になったのが和歌山の南紀田辺サウスカレントさん!

午後から出船! 明るいうちにに800グラムの良型まじりで6パイキャッチに成功

当日は午後からの出船。今の時期は夕方からアオリイカの天敵でもある太刀魚の回遊も多い時期なので、夕まずめまでにはアオリイカを何とか釣りたいところ。

まずはシャローエリアから攻めるべくアンカーを下ろしボートエギング 開始。
水深は2m程のシャローなんですが、ボトムは砂地でシモリがあるポイント。砂地にエギをキャストし、シモリを通す作戦で勝負!

使用したロッドは、ブラックライオンの次世代エギングロッド「ラーテル77 MH」。

7.7ftのショートロッドならではの操作性をいかしシモリをタイトに通す。
そしてシモリの上をダートさせて止めた瞬間に引ったくるようなアタリが!

すぐにフッキングを入れてこの時期としては良型の800gをキャッチ。

その後は、同様のパターンで明るいウチに6パイキャッチに成功。

 

終わってみれば2人で19ハイの釣果

そんな中、夕マズメを迎えたました!
正直なところ、夕まずめには太刀魚の回遊もあるのであまり期待はしていなかったのですが…。

陽が落ちた瞬間、右舷から後ろに流れる潮をラーテル77 MHがしっかりととらえてくれ、その潮にエギを流し込んでいくとすぐにアタリが出てくれました。
この後も、完全に暗くなるまで、このパターンでアタリが続き、一気にツヌケ成功。
終わってみれば2人で19杯の釣果! 納得のいく釣行となり納竿としました。

 

今回使用したのが次世代エギングロッド「ラーテル77MH」

さて、今回、僕が使用したラーテル77MHなんですが、MHというパワー表記なので、みなさん硬いロッドのイメージを持たれてる方も多いようですが、 決して硬くないです!

モデル Length EGI
(号)
Line
(PE)
Section 先径
(mm)
元径
(mm)
自重
(g)
仕舞寸法
(mm)
税込価格 Production
ラーテル77MH 7.7ft 3.0〜3.5 0.6〜1 2pc 1 10.6 88 1.195 ¥53,790 MADE in JAPAN

ラーテル77の調子をそのまま引き継いだモデルなので、3号のエギでも十分扱える柔らかさも備わっています!  簡単に言いますと、ラーテル77そのままの少しパワーが備わった機種がラーテル77MHとなります。 オカッパリ、ボートエギング、ともにもススメなので、ぜひチェックしてみてください!

ブラックライオン公式ラーテル77MH詳細ページはこちら

 

さてボートエギングですが、簡単にたくさん釣れると思われる方も多いと思います!
まぁ確かにいい釣果に恵まれることも多いですが、実際やってみるとオカッパリとは違う難しさ、面白さがあり、それがまた楽しかったりします。

ちなみに、1回行ってみたいなぁ〜とお考えの方は、300g〜800gサイズが数狙える、10月・11月にチャレンジしてみて下さい!  また10月は日に日にアオリイカが成長してキロUPもまじりはじめるので、まずはこの季節にチャレンジするのがオススメです!
あと冬になると数は減ってきますが、サイズはUPしてくれるので、こちらもぜひ狙ってみてほしいです。

なおボートエギングのタックルですが、オカッパリエギング用のロッドやエギがそのまま使えます!
またボートでの釣り方などは船長がしっかりとレクチャーしてくれますので、心配はいらないです!
ボートエギングをしたことがない人も、一度ぜひチャレンジしてみてくださいね!

さて  緊急事態宣言解除になりましたが、気を緩ませず感染対策も心がけて楽しんでいきましょう!

ブラックライオン(BLACK LION )

和歌山県田辺市を拠点とするSWルアーメーカー。 エギングやティップランでアオリイカををターゲットとし、フィールドでの実釣を積み重ねたアイテムづくりを心がけた開発を展開。 またイカメタルゲームでのケンサキ(マイカ)釣りやタイラバで狙う真鯛釣りに関するアイテムなども輩出中!