ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【淡路島・翼港】関西ショアジギの聖地!ジャックアイマキマキバイブで激流攻略!

寄稿:橋本 翔大

皆さんこんにちは!ハヤブサスタッフの橋本翔大です!

今回は関西でも有数のショアジギングスポット、淡路島の翼港に行ってきました!

潮通し抜群で、激流と噂の翼港を、今年発売したばかりの新製品ジャックアイマキマキバイブで攻略してきましたので、その釣行を振り返りたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

 マキマキバイブの他にはない60gというウェイトで激流攻略!

この日は潮周りが小さく、そこまで流れないかと思いましたが、噂通りの激流でした。

しかし!ジャックアイマキマキバイブなら対応が可能なんです!

なぜなら、マキマキバイブは青物専用設計のメタルバイブ。40gと60gの2つの仕様をリリースしており、数あるメタルバイブの中でも最もヘビーなモデルです。神明間や淡路など、大阪湾の激流エリアを攻略するために作られたといっても過言ではありません。

ヘビーであることから、しっかりと底取りもできるので激流の中でもレンジを分けて攻略することができます。

 

ジャックアイマキマキバイブ

重さ カラー メーカー小売希望価格
40 全7色 ¥1,100
60 全7色 ¥1,200

 

潮が昇り潮になったタイミングでHIT!激流かつ青物の強烈な引きにもビクともしない強靭フック!

開始4時間が経過し、潮も緩い状況が続く中、突然潮が左側へ急激に動き始めました。

ローライトな光量も相まって釣れる気配がムンムンします。そしてボトムからのタッチアップで速巻き中に、待望のヒット!中層付近での強烈バイトにアワセを2~3回入れ、確実にフッキングさせてからファイトしました。

上がってきたのは、ギリ60㎝オーバーのコンディション抜群のメジロでした。

 

驚くべきはフックの驚異的な強度ですね。この激流の中でかつ、青物の激しい首振りにもビクともしないので、安心してやり取りすることができます。青物専用として開発されたメタルバイブですので、ボディやフックの強度についてはまさに最強ランク!

 

さらに立て続けにハマチがヒット!激流の中の「横」のアプローチはやはり強い!

メジロがヒットした後も、潮が抜群に効いていたので引き続き巻き巻きしていると、またもやHIT!今度は手前の表層でのヒットでした。

さっきよりサイズは小ぶりですが、流れが強い分なかなかに引きます。上がってきたのはこれもグッドコンディションのハマチでした。

 

カラーはケイムラピンクキャンディ。神明間・淡路エリアでは実績の高いカラーです。

マキマキバイブの①ビッグシルエット ②振動 ③フラッシングの3つのアピール要素で仕留めることができました。

激流ポイントは80g以上のメタルジグを使ったヘビーなショアジギングをされる方も多いですが、マキマキバイブならただ巻きでも攻略できます。

潮が緩いタイミングではすべてのレンジを丁寧に探り、潮が走り出せば表層速引きで対応できますので、激流攻略にはぜひ、ジャックアイマキマキバイブを使ってみてください!

 

タックルデータ

ロッド:ミュートス・ソニオ100M【ZENAQ】

リール:15ツインパワーSW(5000HG) 【シマノ】

ライン:シーガーPE X8 300m 2号【クレハ】

リーダー:ショックリーダー フロロカーボン 40lb【VARIVAS】

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。