ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アジ専用に開発】手の小さい方や女性でも掴みやすいように設計!家邊克己が「HMグリップ」を紹介

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

前回、「FREELYスリムジグヘッドケース」について話しました。

あの記事を書いている最中、私としては使うことが当たり前になりすぎている商品でも「もしかすると、これもまだ知らない方が居るかもしれない」と考えるようになりました。

そこで今回も、ある製品について改めて知らない方のために、紹介してみようと思います。今回紹介するのは「HMグリップ」です。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

手の小さい方や女性でも掴みやすいように設計!「HMグリップ」

HMグリップ」も発売してから4年ほど経ちます。毎日使っているアイテムですので、今や無くてはならない必需品ですが、アジングをされている方でしたら、特にオススメできる製品です。

サーティフォー公式「HMグリップ」詳細ページはこちら

 

釣具店に行けば、それこそ無数のフィッシュグリップが並んでいますが、アジングに特化しているモノはそう多くありません。

汎用性の高いアイテムはそれで便利ですが、私をはじめアジングをメインにされている方にとっては、やや扱いづらい点もあります。

私自身も色々なフィッシュグリップをこれまで沢山使ってきましたが、フィッシュグリップに関して良く聞く話があります。

それは「手の小さい人だとアジを掴むには、グリップ部分が開きすぎて扱いにくい」。そういった方の悩みを解消し、より多くの方が快適に使えるようにアジ専用のフィッシュグリップを開発することにしました。それが「HMグリップ」です。

 

HMグリップの「HM」というのは「Horse Mackerel(=アジ)」の略です。つまりアジ専用。

個人的に気に入っていたフィッシュグリップを元に改良を重ね、アジングにピッタリな専用グリップに仕上げました。

その特長はアジのつかみやすさ。アジを挟む部分はより広く、手で挟むグリップ部分はより狭くすることで、手の小さい方や女性でも掴みやすくなっており、軽い力で掴むことができます。

小さなアジからギガアジまで全く問題なくキャッチすることができます。実際にアジを掴んでいる動画もYouTubeで公開されていますので、こちらもチェックしてみてください。

その動画がこちら!

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

 

ギザギザ歯でアジをシッカリホールド

刃の部分は第一精工の「ガーグリップ」をお使いの方ならご存知だと思いますが、その名が示すようにガーの歯のように細長い歯が交互にならんでおり、魚を正確にホールドしてくれます。

また、素材もカーボン含有素材であるCFRP(炭素繊維強化プラスティック)を採用することで、大幅な軽量を図っています。

カーボン含有素材のため、樹脂に比べて歯の摩耗が少なく、耐久性にも優れています。カーボンは薄い部分では割れやすい側面もあるため、ホルスターは強度面とコスト面を考えてあえて樹脂(ガラス繊維強化プラスティック)にしてあります。

ライフジャケットに挿していただければ、アジングをとても快適に楽しんでいただけるかと思います。

今年発売した津本式の津本さんとのコラボアイテムである「SNEKナイフ」も、このHMグリップがあったからこそ生まれた製品でもあります。

 

今まで使われたことのない方は一度使ってみてください。その使いやすさに驚かれるかと思います。よろしくお願いをいたします。

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい