ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【薄くて使いやすい!新色も登場予定】サーティフォーのジグヘッド収納ケース「FREELYスリムジグヘッドケース」の魅力を家邊克己が解説!

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

日々、製品に関する情報を発信していると何度も紹介しているので、「アジンガーはウチの商品をみんな知ってくれているハズ」と思ってしまいガチです。

しかし、実際はそういうことでもなく、まだまだ知られていないアイテムも多く、情報発信の大切さを身に染みて感じています。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

 

地元のアジンガーが見てビックリ!そのアイテムとは一体

さて、この間、開発中の製品テストをしていると、そこに地元のアジンガーの方がいらっしゃいました。お声掛けていただき、最近のアジの様子や地元の皆さんがどのような釣りをしているのかなど話をしていました。

その話の中で、私が使っているタックルをチラッと見てある商品を発見し、その方がとても驚かれました。

その商品というのは「FREELYスリムジグヘッドケース」でした。「すごい!これなんですか!」と興奮気味(笑)。私がこのジグヘッドケースの特長について説明すると、とても驚いていて「絶対買います!」と嬉しいお言葉をいただきました。

サーティフォー公式「FREELYスリムジグヘッドケース」詳細ページはこちら

 

アジンガーの方へ特長を説明しながら、「イイ製品だな」と自画自賛にはなりますが、改めて思いました。

発売から2年ほど経つ「FREELYスリムジグヘッドケース」ですが、おかげさまでカナリご好評をいただいている商品の1つです。

しかし、まだ認知していただけていない方がいることも事実。そこで今回はこのケースについて、今一度皆さまにご紹介させていただこうと思います。

 

薄いことが特長の「FREELYスリムジグヘッドケース」を紹介

FREELYスリムジグヘッドケース」は名の通り、これまでのジグヘッドケースよりも薄くできています。「FREELYスリムケース」としてワーム用のケースもコレより以前に、販売していましたが、そのジグヘッドケースバージョンという位置づけになります。

FREELYスリムケース

サーティフォー公式「FREELYスリムケース」詳細ページはこちら

 

実はジグヘッドケースを薄くするのはカナリ難しいのです。スリットフォームに刺すタイプのジグヘッドケースはジグヘッドを縦に刺して使用するため、どうしても高さがでてしまいガチ。

これを薄くしようとするとジグヘッドを倒すしかありません。ジグヘッドを倒すと今度はマット部分を薄くしするしかありません。そうなると針を刺す部分が薄くなり、ジグヘッドが倒れてしまいます。

要するに、薄くしようとするとジグヘッドがキレイに収納できないのです。そこでマットに工夫をこらし、その悩みを一気に解決することができました。

 

独特の波打った形状のこのマットなら両サイドからジグヘッドをしっかりと押さえてハズれにくく、さらにキレイに収納することも可能です。この二重構造のマットはメリットしかないわけです。

ワームケースである「FREELYスリムケース」ともに、ドッキング可能ですので、ジグヘッドを組み合わせればそれだけでアジングを楽しむことができます。

 

仕事帰りや旅先などで気軽にアジングをするなら、荷物は少なくても問題ありません。まさに「ライトゲーム」を可能にするのが「FREELYスリムジグヘッドケース」というわけです。

実はこの「FREELYスリムジグヘッドケース」の新色が発売予定です。どんなカラーになるのかは、もうしばらく楽しみにお待ちいただければと思います。

今までご愛用頂いている方や、この記事を読んで知っていただけた方にもきっと気に入っていただけるようなカラーに仕上がっていると思います。

発売された際にはよろしくお願いをいたします。

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい